そういう性格だから仕方ないじゃん。

投稿で自己満足に浸るだけです。

辞めるの?続けるの?

2016-10-16 07:59:43 | Weblog
「二重国籍」が問題になった「とある政党の代表」についてです。

様々な記事に書かれていますが、今まで「二重国籍」だったのは、日本以外の国籍を持っていた方が、ご自身に都合が良かったからだと私は理解しています。

その「日本以外の国」から見ると、「私たちの国籍を持つ人が日本の国籍も持ち、私たちに有利な働きをしてくれている。」と考えていたのかも知れません。

その「日本以外の国籍」を持つ人が代表の政党が降りる時、首相官邸などに多数の「盗聴器」を設置したのだとか。

その「盗聴器」の撤去が終了出来ない為に、次の総理大臣は首相官邸に入らなかったのは有名な話です。

なんにしても、「二重国籍」だった党の代表は「日本以外の国」の国籍を破棄する宣言をしたらしいのですが、それが正しいか否かは私にはわかりません。

ですが、今回の件で私にもわかることがふたつあります。

ひとつ目は、この党代表が「嘘つき」だったこと。

たしかこの人、大学は法学部だったんだよね?

「法」を知り、厳守する意味を理解しながら、「抜け穴」も知っていたんだね。

ふたつ目は、この人が代表を務める党の支持者の大半は、「二重国籍」の疑いがある事。

世間から見ると「支持するのならば同じ境遇」だと見えますから。

私はこの代表に尋ねたい事があります。

「逃げ道」を絶たれた政治家のあなたが、それでも日本の為に働くのか。もしくは日本が好きでは無いと宣言し政治家を辞めるのか。

あっ。政治家を辞めるのならば、「日本国籍の宣言」はしないか。

私はこの人を疑っています。

まだ「日本国籍の宣言」をしていないと。

まだ外国籍を有していると。

あと、なんで襟立てるんだろう。

「トカゲ」の真似をしているのかな?

そう考えると、歩き方を含め、仕草が「トカゲ」に見えてしまう不思議。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« きっと恥ずかしいから。 | トップ | 影に隠れてしまいましたが。 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。