そういう性格だから仕方ないじゃん。

投稿で自己満足に浸るだけです。

世界的に見ても。

2017-07-17 09:04:56 | Weblog
今朝、WOWOWで映画「007 私を愛したスパイ」が放送されていました。

この映画は、確か私が小学生四年生ぐらいに公開されたはずです。

私にとっての「ジェームスボンド」はロジャームーアなのは、初見の「007シリーズ」がこの映画だからです。

この頃の「007シリーズ」は、何があっても焦らず、挨拶をするかの様に女性を抱き、湯水のように資金を使う(もしくは最新機器を使い捨てる)のが「当たり前」でした。

ついでに、沢山の人が死ぬし。

このようなスパイ像を、私は幼心に「ハッキリしない違和感」を抱いたのを覚えています。

この「007シリーズ」は世界的にも大ヒットをしたはずだから、世界の大半は「好意的」に捉えたんでしょう。

でも、この「挨拶をするかの様に女性を抱く」男性を、「現実の女性たち」は好意的に受け止めたのかは、私は知りません。

何にしても、女性を「性欲と独占欲を満たすモノ」と捉えた様にしか見えない映画は好きになれない私です。

でも録画したけれどね。

やっぱり女優さんたち、綺麗だもん。

「男性から見て綺麗に見える」ようにしているからでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 注意報が出てたよね? | トップ | 訃報 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。