そういう性格だから仕方ないじゃん。

投稿で自己満足に浸るだけです。

なぜ「若者は敬遠する?」と言うけれど。

2017-08-13 07:45:53 | Weblog
身体介護職を希望する若者が増えないとニュースで報じられていました。

そりゃそうでしょう。

まだまだ「未来を自ら選択できる余地」がある若者が、なぜ他人様の汚物を処理後し、罵声を浴び、暴力を振るわれ、安い賃金で働かなければならないのか?

いや、居るのは知っていますよ。

「慈愛あふれる」若者もいることを。

ですが、今は「仕事」としての「身体介護職を希望する若者が増えない」のを問題にしているのですから、根本を変えましょう。

もし、プロ野球選手の年俸が200万円ぐらいだったとしたら、プロ野球選手を希望する若者は多くなると思いますか?

もし、国家公務員の所得が中小零細企業程度だったら、わざわざ目指しますか?

もし、政治家の所得が生産性の対価だったら、皆に頭を下げてまで政治家になりますか?

「仕事」をするのですから、収入は「それなり」に得なければ誰も働きませんよ。

いっその事、「身体介護」の「利用料金」も自由化にしたら良いんじゃない?

きめ細かく、良いサービスを行えるサービス会社は利用者も増えるだろうから利用料金も上がる。
良いサービスが行える介護士は高い報酬を得る。
またその逆も然り。

そしたら自然と「誇り」も生まれると思うのですが。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 終戦? 開戦? | トップ | ぶれ無い。 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。