安心・幸せのまちづくり

町田市議会議員
かわばた一隆の活動日記

視察3日目

2017年07月26日 12時17分38秒 | 雑感
本日は、神戸市博物館を訪問。当然の事ですが、博物館の存在意義・役割が明確です。神戸の歴史的特性を踏まえ『国際文化交流、東西文化の接触と変容』とし、多文化共生の街・神戸を未来に開く使命を果たすというものです。常設展示には、神戸近郊出土の国宝の銅鐸・銅戈(国宝)があり一段と存在価値を高めています。また、歴史書で見かける『聖フランシスコ・ザヴィエル像』(重要文化財)も所蔵されており、そのレプリカが披露されています。(本物は、年60日間以内の展示とのこと)数々の感動を覚えたものです。特別展示による集客の工夫も含め運営について、いろいろ学んできました。町田市において、これからどのようになっていくのかしっかり見て行きたいと思います。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2日目午後の部 | トップ | 東京たま広域資源循環組合議会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。