豊橋のもみじ寺 普門寺 掲示板

愛知県豊橋市、静岡県湖西市の県境に位置する豊橋のもみじ寺「高野山真言宗 普門寺」
お寺の魅力、イベント情報発信中!

「みうらじゅん×いとうせいこう 東海限定!見仏トークライブ@豊橋 普門寺」 チケットをお持ちの方へ!

2016年11月05日 17時48分28秒 | みうらじゅん×いとうせいこう

「みうらじゅん×いとうせいこう 東海限定!見仏トークライブ@豊橋 普門寺」 チケットをお持ちの方へ!


◇ご注意ください

1、事前に求めて頂いたチケットがない場合、会場へは入場出来ません。

  チケットは、完売しています。当日券は、ありません。

2、会場: 普門寺 【愛知県豊橋市雲谷(うのや)町ナベ山下7番地】  

 http://www.sunalix.co.jp/fumon/access.html

 ※検索サイトで「豊橋市 普門寺」と検索した際、グーグルマップが「静岡県湖西市 普門寺」を指すことがあります。ご注意ください!

3、普門寺の開門時間は、午前8時からです。

 

開場:13時(予定) 開演:13時30分 終了:15時30分

 

◇問い合わせ先

普門寺 0532-41-4500 (8時~18時)

 

◇内容:「見仏記」でおなじみの、みうらじゅんさん・いとうせいこうさんがかつて訪れた普門寺で、東海地方のお寺では初めてとなる完全限定見仏トークライブを開催!

当寺に残る仏像の魅力とともに、見仏道中でお二人の心に残った東海地方の仏像をスライドショーで紹介します。

そして、当日トークライブに参加された方限定で、国指定重要文化財をお祀りしている収蔵庫をご開帳します。

 

◇みうらじゅん(イラストレーターなど)

http://www.miurajun.net/

1958年京都市出身。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。以降、イラストレーター、作家、ミュージシャンなど幅広い分野で活躍。1997年に自身の造語「マイブーム」が流行語大賞を受賞。「ゆるキャラ」の名付け親でもある。

いとうせいこう氏とは書籍『見仏記』シリーズや『TV見仏記』シリーズなどで長年コンビを組み、国内外の仏像を見仏する仲。

いとう氏とともに長年にわたり仏像の魅力を発信し続けている。

 

◇いとうせいこう(作家、クリエーター)

https://twitter.com/seikoito?lang=ja

1961年東京都出身。早稲田大学法学部卒業後、講談社に入社。退社後、1988年に小説『ノーライフ・キング』でデビュー。その後、小説、ルポルタージュ、エッセイなど数多くの著書を発表するかたわら、映像、舞台、音楽、ウェブ、そしてベランダガーデニングなどあらゆるジャンルにわたって幅広い表現活動を行うクリエーター。

みうらじゅん氏とは原稿執筆を担当する『見仏記』シリーズで既存の価値観とは異なる仏像鑑賞の魅力を発信するほか、武道館を超満員にするほどの大人気イベント「スライドショー」をプロデュース。

 

◇収蔵庫ご開帳 トークライブ終了後~約1時間 当日トークライブ参加者限定です。

国指定重要文化財の釈迦如来像・阿弥陀如来像・四天王像・銅経筒・銅鏡。その他、古文書等のご開帳。

平安時代に造られた六躰の国指定重要文化財の仏像が堂内に並ぶ姿は圧巻です。

特に、東海地方を代表する四天王像の躍動感あふれる立ち姿、お顔の表情は迫力があります。

当寺の所蔵している文化財の詳細については、こちらをご覧ください。

http://www.sunalix.co.jp/fumon/jihou-bunkazai.html

「国指定・重要文化財 普門寺 四天王立像」のご紹介!

「国指定・重要文化財 普門寺 釈迦如来坐像」のご紹介!

「国指定・重要文化財 普門寺 阿弥陀如来坐像」のご紹介!

「愛知県指定文化財 普門寺 不動明王二童子」のご紹介!

当寺が所蔵する国指定重要文化財の仏像群↓

 

こちらもチェック!!!

豊橋市市制110周年事業「普門寺と国境のほとけ展」

◇日程 2017年1月21日~2月26日 観覧無料

◇会場 豊橋市美術博物館

 http://www.toyohashi-bihaku.jp/


普門寺の歴史調査については、こちらをご覧ください。↓

http://blog.goo.ne.jp/fumonji2010/c/b6d28bd5bc5960254b7f7adc457b1107


「普門寺 もみじ祭り ~源頼朝公ゆかりの寺で感じる歴史と自然」のご案内!

普門寺は、約1300年前に開山され、源頼朝公や徳川幕府から保護を受けた歴史があります。

例年11月下旬~12月上旬に紅葉の見頃を迎え、お堂の周りや参道に色づくもみじの古木が山肌を赤く染めます。

国重要文化財のご開帳や様々なイベントが開催されます。

 

「普門寺 おおみそかの鐘」のご案内!

 

〇愛知県東三河広域観光協議会 作成動画 「普門寺 ~紅葉と文化遺産~」


〇普門寺の永代供養 「樹木葬(普門寺桜墓苑)・納骨堂(光明殿)」 こちらをご覧ください。

当寺に残る豊かな歴史と自然環境に魅力を感じ愛知県東三河地域の豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市だけでなく西三河地域の岡崎市、豊田市、西尾市や静岡県浜松市、湖西市などからもお申し込みを頂いています。

高野山真言宗 普門寺の永代供養(樹木葬・納骨堂)のご案内。

http://www.sunalix.co.jp/fumon/eitai-kuyou.html

 

人が出会い、心安らぐ場を目指してイベント開催中!

「普門寺TIME ~歴史と自然あふれるお寺で、心を休めてみませんか?~」

『住職と一緒に、うでわ念珠づくり体験』のご案内!

普門寺の大杉(豊橋市天然記念物)の部材と、生まれ年(干支)の守り本尊さまを表す梵字(インドの古代文字)の入った念珠玉を用いて、オリジナルのうでわ念珠を作ります。

 

『住職と一緒に、正絹組紐(しょうけんくみひも)念珠づくり』のご案内!

普門寺の大杉(豊橋市天然記念物)の部材と、生まれ年(干支)の守り本尊さまのお姿が入った念珠玉、カラフルな正絹(しょうけん)の紐を組み合わせて、自分だけの念珠を作ります。

作製する念珠の形は、宗派問わず使って頂けます。

男性用 (直径15センチ)↓

女性用 (直径13センチ)↓


 

「副住職と一緒に、和のフレグランス 塗香(ずこう)づくり&お写経体験」無事終了しました!

粉末にした白檀(びゃくだん)、桂皮(けいひ)などの香木・香料を調合していきます。

あなただけのオリジナルの香りを身にまとってみませんか?

左側:身と心を清めるお香「塗香」。 この講座は、右側の塗香を持ち歩く「塗香入れ」付きです

 

 

「和ろうそくの暖かな燈をみつめながら 自らの心とカラダを癒すトーニング(発声)とシンギングボウルの柔らかな音色に響き逢う会 in 普門寺」のご案内!

チベットの法具シンギングボウルの音色に声を逢わせじっくりと自分の心の声を感じてみる。
そして深く柔らかな響きに身を委ね「息 心」 カラダが自然に調和していく♬という時間をご一緒できたらなと思います(*´꒳`*)~演奏者より~

 

「りょうび堂整骨院 健康まつり in普門寺 ~鍼灸・マッサージ師、柔道整復師によるマッサージ教室~」のご案内!

りょうび堂整骨院 金田武先生による、2人一組で肩こり改善マッサージ教室を行います。

国家資格をもつ先生にマッサージのやり方を是非、教わってみませんか?

【参加者特典】 姿勢分析と体組成計で身体の状態をチェックも行います!

 

 

「秋の昼下がりお寺でボッサ in普門寺 ギター木村純&サックスAndy Suzuki」のご案内!

「寝ながらボッサ!」でお馴染み木村純さん、クリストファークロス全米ツアーサックス奏者Andy Suzukiさんによるボサノヴァ音楽に身を委ねて癒しの時間を過ごしませんか?

 

『伊勢和紙と木綿でつくる御朱印帳づくり in普門寺』のご案内!

ご朱印帳の表紙となるカラフルな木綿の柄を選び、伊勢和紙を用いて、自分だけのオリジナルご朱印帳を作ります!


「ぜぼんの普門寺お灸ラボ ~腰や骨盤にアプローチするお灸~」のご案内!

鍼灸師の先生(是梵治療処 岡村健太郎)からお灸の据え方を指導して頂けます。テーマは腰や骨盤にアプローチするお灸

手や足のツボを使って、腰や骨盤の動きに改善がみられるか、施灸前と施灸後の動作確認をしながら、効果を検証します。

冷えによる身体のこわばり、腰痛の予防にもオススメです。

 

普門寺境内への入寺・入山時間は、文化財保護のため午前8時~午後5時(10月~3月は午後4時30分)です。

普門寺境内への 入寺・入山時間のお願い。


高野山 真言宗 普門寺

愛知県豊橋市雲谷(うのや)ナベ山下7番地 

 TEL 0532-41-4500

普門寺ホームページ↓

http://www.sunalix.co.jp/fumon/

文化財・永代供養・樹木葬(桜墓苑)・納骨堂(光明殿)・阿字観・アクセス等は、普門寺ホームページをご覧ください!

facebook

Twitter

Instagram

https://www.instagram.com/humon_ji/

facebookページの「いいね!」、Twitter・ページの「フォロー」お願いします。  

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『住職と一緒に、正絹組紐(... | トップ | 2016 普門寺 紅葉レポ... »
最近の画像もっと見る

みうらじゅん×いとうせいこう」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。