国語特に現代文 一瀬文孝

紆余曲折を経て、現在、河合塾現代文講師。

2017年 高3生 1学期 第三講 優秀な要約

2017-05-14 11:45:34 | Weblog

高3生の講座は、高3現代文、難関大現代文、早大現代文の三講座を担当している。

 

その中で、優秀な要約を掲載する。参考にしてほしい。

 

ただし、高3現代文は該当者なし(´;ω;`)ウゥゥ

 

難関大現代文は1名該当したが、授業内で、当ブログに掲載する許可をとっていなかったので次回にまわす。

 

 

 

早大現代文での優秀要約は以下の通り。満点答案ではないが、本文を読んでいなくても、この要約を通じて、文章内容・文章構造がおおかた分かると思う。

 

言葉はその本性上、一般的なものを固定的にしか表現できない。そのため私の現に見ているものをそのまま伝えることはできない。そして自己自身に誠実であろうとし、その上言葉と事象との間の距離とギャップを経験する時、人はミソロゴスの心情におちいってしまう。だがそれは言葉への注意と凝視あるからこその出来事であり、もし言葉への注意と凝視が不在ならば、人は言葉を信じ、没入しピロロゴスとなり、名目を信じこんで踊らされてしまう。よってピロロゴスであることは拒否しなければならないが、かといってミソロゴスも真の認識の欠如から来るものなので、最終的な立場ではない。結局人間にとって大切なのは、言葉とは何かを見極めることなのだ。

 

 

 

以上である。

 

 

 

ところで本日の記述模試はどうであったろうか?

 

浪人生は来週の日曜日に行われるが、

 

いずれにしても、要約の練習、いうなれば、普段から書く練習を積むことで、こうした記述模試にも十分対応できることが分かってきたと思う。

 

私大受験生にしろ、授業で話すように、マークでも「安易な消去法」に走るのではなく、予習段階から自分で解答を作る「即答法」を練習せよ!

 

選択肢を頼りに、ただ本文に書いてあるかどうかだけを探しにいく「安易な消去法」では、G-MARCHどころか、コアラのマーチレベルの大学にさえ受かりませんから。悪しからず。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五月病 と 第1回マーク模試 | トップ | 2017年 第1回 全統記述模試... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (河合塾予備校生)
2017-05-25 15:48:52
いつも分かりやすい授業をありがとうございます🙇 論理性のある一瀬先生の授業には学ぶ事が沢山あるのでいつも楽しみにしています。
ところで当ブログの最後にあったコアラのマーチ大学とはいったい何を指すのでしょうか? 一般的に考えれば日東駒専あたりになりますがそのように解釈してよいのでしょうか?
Re:こんにちは! (fumitaka_1974)
2017-05-26 13:11:25
いいえ、日東駒専ではなく、滑り止め校よりも下位の、言うなれば、合格しても行きたくない大学と解釈して頂ければ幸甚です。
こんばんは (河合塾予備校生)
2017-05-26 21:47:35
そのようなお考えだとは知らずに無礼な事を伺ってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
そして多忙なスケジュールにも関わらずこんな一生徒のコメントに返信していただきありがとうございました。
来週の授業も楽しみに待っています。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL