国語特に現代文 一瀬文孝

紆余曲折を経て、現在、河合塾現代文講師。

再会

2017-08-05 23:10:34 | Weblog
今日は、15年ほど前に知り合って、挨拶ぐらいは交わしていたけど、一緒に飲むほど親しいわけではなかった方と、ほんと数年ぶりに再会して、サシで飲んだ。



今日の再会を機に「縁の紡がれ方」について考えた。

「縁の紡がれ方」って多種多様だ。

若い時は出会ってすぐに仲良くなることが多い。若さゆえの瞬発力があるのだろう。

これが年を取ってくると、別れた後、何らかのきっかけがあって紡がれる縁が増えているような気がする。

そして、紡ぎ出される縁にも、糸のように太いもの細いものがある。



「一期一会」ってよくいうけど、人間関係はそんなに単純ではないかもしれない。もつれた糸のように、どこでどう繋がるかは分からない。たまには嫌いな人と結ばれることもある。



しかし何より、人との出会いは自分の財産になる。

人との縁を大事にせねば!




コストコで買った。ポテチは結構美味い。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早稲田大(人間科学部)について | トップ | 2017年第2回マーク模試 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL