monologue
夜明けに向けて
 



95/11/09はじかみの色立つ午後、酒匂(サカワ)の戒めが解かれる…十種神宝

*********************************************************
わたしたちは前回と全く同じ人生を生きているのだが前回は権力者たちが核戦争でこの星を子孫の住めない星にしてしまうのを地球救済委員会が失敗して救えなかった。
洗濯のために一旦水没してデイメンションジャンプによって再生したが今回もやはり世界は最終戦争へと進んでいる。日本政府はなにかといえば「国民の生命と財産を守るため」と口当たりの良いことばで権力を誇示して教育勅語、治安維持法を復活させ集団的自衛権、特定秘密保護法などにより戦争へのアクセルを踏んでいる。今回は地球救済委員会はどのように地球を絶滅から救うのだろうか。残念ながらもう地球にはデイメンションジャンプに耐える余力はない。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 検閲があるの... 使命は果たせ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。