monologue
夜明けに向けて
 



「将棋竜王戦」の挑戦者三浦弘行九段がことしの夏以降の対局で席を離れることが多いとして、将棋ソフトやスマートフォンによる不正行為疑惑の聞き取り調査で三浦弘行氏は「別の部屋で体を休めていた」と答え、NHKの取材にも「全くのぬれぎぬで不正行為は行っていません」とコメントしていたが、将棋連盟は期日までに休場届けを提出しなかった三浦氏を竜王戦に出場させず、挑戦者決定戦で敗退していた丸山忠久九段が出場した。丸山忠久九段は将棋よりも雑念にとらわれて角換わりの第1局を短手数で失ったように思えた。IOTやAIの発達に連盟は対応できていないようだ。だれかが組んで嫌いな者を排除するのを多くのファンは見たくない。坂田三吉の大阪名人の時代から毎日新聞朝日新聞の名人戦争奪問題など時代ごとに見てきて鳩の森の神様はどう思っておられるだろう。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ロサンジェル... ボブ・ディラ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。