monologue
夜明けに向けて
 

事戸  



最後(いやはて)に其の妹伊邪那美命、身自(みずか)ら追ひ来りき。 ここに千引(ちびき)の石(一八)をその黄泉比良坂に引き塞(さ)へて、 その石を中に置きて、各對(おのおのむか)ひ立ちて、 事(九十)戸を度(わた)す時、伊邪那美命
言ひしく、 「愛(うつく)しき我が汝夫(なせ)の命、かく為(せ)ば、 汝(いまし)の國の人草、一日(ひとひ)に千頭(ちがしら)絞(くび)り殺さむ。」といひき。 ここに伊邪那岐命詔(の)りたまひしく、 「愛しき我が汝妹(なにも)の命、汝然為(いまししかせ)ば、 吾一日に千五百(ちいほ)の産屋(うぶや)立てむ。」とのりたまひき。 ここをもちて一日に必ず千人(ちたり)死に、一日に必ず千五百人(ちいほたり)生まるるなり。 故、其の伊邪那美命を號(なづ)けて黄泉津(よもつ)大神と謂ふ。 また云はく、その追(お)ひししきしをもちて、道敷(みちしき)大神と號(なづ)くといふ。 またその黄泉の坂に塞(三八)りし石は、道反之(千がへしの)大神と號け、 また塞(三八)り坐す黄泉戸(四三十)大神とも謂ふ。 故、其の謂はゆる黄泉津比良坂は、今、出雲国の伊賦夜(一二八)坂と謂ふ。」

**********************************

「事戸を度(わた)す時」は書紀では「建絶妻之誓」となっていて、「事戸」は妻を絶縁する誓いのようだ。

石(一八)は「平」の上の部分。「黄泉比良逆」は平が逆で八の形のピラミッドの下を一で塞いでいる。
そんな一八を中に置くと横から見れば イザナギ (現界)
                    八 (ピラミッド)
                    一  (戸)
                  イザナミ (かくり世)となっている。


ふたりの名の「ナ」の字は「七」にしても「十」の形で「事(九十)戸は「一八」の九とふたりの十。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 「千引(ちび...  »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。