monologue
夜明けに向けて
 



昨日、75期順位戦A級5回戦、▲行方尚史八段対△深浦康市九段戦が東京・将棋会館の特別対局室で行われた。
戦型は横歩取りとなり▲羽生善治三冠対△稲葉陽八段戦で羽生善治三冠が用いた端からの仕掛けを行方尚史八段が用いたので同じ仕掛けを踏襲して研究してどのような工夫を用意してきたのかに興味が湧いた。やはり終盤で羽生善治三冠が決めきれなかったところで行方尚史八段は変化して最終盤の手に汗を握るねじり合いを制して勝ちに結びつけた。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« エレメンタリー シャングリラ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。