monologue
夜明けに向けて
 



昨日6月15日、デビュー以来25連勝して今や社会現象となった注目の中学生棋士藤井聡太四段の勝てば26連勝目となる第76期順位戦C級2組1回戦瀬川晶司五段対藤井聡太四段戦が関西将棋会館「水無瀬の間」で行われた。戦型は角換わり。先手の瀬川晶司五段が先攻して飛車角交換したが飛車を取った藤井聡太四段が優位を築いた。しかし決め手がないまま局面がもつれた。最後は持ち時間を使い切った瀬川五段が投了を告げて激戦が終わった。これで藤井聡太四段は26連勝となり史上1位の28連勝にあと2勝と迫った。はたしてどこまで連勝が続くのだろうか。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ベースギター... 今週のアクセ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。