monologue
夜明けに向けて
 



久しぶりにユーチューブでデユエイン・オールマンのスライドギター演奏を見てギターのチューニングを変えてボトルネック奏法を練習してみることにした。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




将棋と音楽といえば、わたしは棋聖戦の海外対局がロスアンジェルスで行われた時ホテル・ニューオータニでの前夜祭でロックがお好きかどうかわからなかったが米長邦雄棋聖にそのころ制作中の「LAレインボウ」のカセットを聴いてくださいと手渡したことがあった。内藤国雄氏のように演歌でヒット曲を出す棋士もあるしやはり将棋と音楽は関わりが深いようだ。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




23日のEテレ「ららら♪クラシック」に「モーツアルトの交響曲ジュピターみたいな将棋が指せたら最高!」という佐藤天彦名人が出演する。この番組の司会の俳優の高橋克典氏はチェロを稽古しているのだがどこまで弾けるようになるのか楽しみにして見ている。中原誠名人もクラシックファンだったし音楽と将棋は関わりが深いようだ。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




朝日杯オープン戦で準決勝まで勝ち上がり多くの将棋ファンが楽しみにして待っていた最年少棋士、藤井聡太五段(15)と国民栄誉賞を受賞した羽生善治2冠(47)の対局が17日、東京都内で行われAbemaTVで放映された。藤井五段が先攻して優位に立ったが、羽生2冠は終盤の逆転術を駆使して局面を複雑にしたが藤井五段はあせらず寄せ切った。藤井聡太五段は広瀬章人八段(31)との決勝でも鋭い攻めで優位を築き広瀬八段の繰り出す逆転の技を中合いの桂などで外し、最後は目の覚めるような金捨ての妙技を決め鮮やかに広瀬八段を投了に追い込んだ。あきれるような爽やかな勝ち方だった。15歳6カ月の史上最年少の全棋士参加の棋戦優勝ということで六段昇段が決定した。しばらく沈滞していた将棋界に現れたスーパースターは新たな時代を開きそうだ。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アルバ ム「水面に書いた物語 」、「プロセス」「カリフォルニア・サンシャイン」「ひかりのくにへ」「現代の愛 」シリーズインストルメンタル曲集「夢神楽」などの今週のアクセス聴取ランキング
**********************
2月9日(金)~2月16日(金)
ヒット数222件中  
 順位前週前々週 

第1位(5)<4>そしてなにが残った
第2位(-)<->奇跡のデアイ
第3位(1)<2>祭りの夜
第4位(8)<3>ラスト・ランデヴー
第5位(25)<21>オーロラの町から
第6位(9)<10>マイ・スィート・ライフ
第7位(7)<19>素顔のマスカレード
第8位(2)<1>夢の旅
第9位(43)<25>チャンスの女神(fortuna)
第10位(32)<41>プロセス
第11位(10)<13>水面に書いた物語
第12位(26)<->スパスシフィカ
第13位(38)<6>Wake you
第14位 (27)<27>それってⅨじゃない
第15位(41)<23>STAY WITH ME
第16位(-)<->ときめきFALL IN LOVE
第17位(13)<15>
第18位(36)<43>looking for love
第19位(3)<7>あやかしのまち
第20位(14)<12>ごめんなさい
第21位(40)<20>はるかなるメロディ
第22位(14)<35>わんだふるわーるど
第23位(16)<17>モニカの朝
第24位(30)<33>雨の日のデート
第25位(45)<42>ぼくは夢、ぼくは愛
第26位(33)<44>溢れくる涙
第27位(29)<16>UFO Rock
第28位(35)<38>光闇ツアー
第29位(37)<->ノスタルジックジャイヴ
第30位(11)<28>わかりあえる日まで
第31位(-)<->Never give up!
第32位(31)<46>マホロバ回帰
第33位(47)<31>歌入りまほろば回帰
第34位(34)<22>Sentimental lady ‘M'
第35位(12)<26>月とラクダ
第36位(18)<37>まことのひかり
第37位(48)<->カリフォルニアサンシャイン
第38位(44)<29>New morning
第39位(24)<49>夜明けの鐘が鳴る
第40位(22)<50>愛と光のテーマ
第41位(42)<11>軽々しく愛を口にしないで
第42位(6)<5>小舟がひとつ
第43位(-)<->水の中で
第44位(-)<->シャングリラへの道
第45位 (-)<->手をかざしてごらん


**************************************************
今週は奇跡のデアイが2位に突然入ってびっくり。 ご愛聴感謝。
fumio





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日、検査結果の予約で独協病院に行くと組織検査の結果は悪性のものではなかったとのこと。
しかし、血液検査の腫瘍マーカー値が高いので3月2日にまた来てくださいとのことだった。
fumio


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




わたしの家にエリック・クラプトンのデレク&ドミノスのレイラを聴いて感動してギターを練習したいという人が来たのでユーチューブを検索するとLayla (Part 1) by Derek & The Dominos: How to Play All the Guitar Parts, the Bass and Organ Parts.というヴィデオがあった。
当時どのようにレコーデイングされたのか詳しく解説して、エリックのギターだけではなくデユエイン・オールマンのスライドギターのパートまで弾いてみせている。これを見れば現代のギターキッズたちは一気に腕が上がるだろう。うらやましい。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





この「赤い月の形としての物語」の題名「赤い月」は爆発炎上した原発を示し、「メイオウ」は冥府の王「プルトー」の名前にちなんだ原発の原料「プルトニウム」。「星の形を散りばめた布の国」 の「布の国」は合衆国の最後に散らばった星、布哇(ハワイ)で轟魔(ゴーマ)とはキラウエア火山の地球の血液、マグマ(ゴーマ)を暗示していた。キラウエア(Kilauea)はハワイ島南東部の活火山で標高1222m。山頂に大カルデラがあり、その中央のハレマウマウ火口では溶岩湖がよく出現する。キラウエア火山には霊的あるいは物質的な改革をもたらし封印を解くための地球の血液、マグマ(ゴーマ)がたぎっている。地球の血液(マグマ)も人の血液もともに四十数億年前に分かれた兄妹で、銀色の舟、月の引力の作用を常に受けているのである。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





 *赤い月の形としての物語*
      〔プロローグ〕
     銀色の舟の娘は、葦の夢の中に分け入る。
      ゴーマは、星の形を散りばめた布の国から。
      暗い日々の夜明けは、黒い羊の葬られた所へ。
        「見よ」と声がする。
      叫びは鳥の鳴き声と共に、夜明けの町にこだまする。
      人は赤い月の表面に、メイオウの影を読み取る。
     その時、隠されていた嘆きは壺の中から出てくる。

         1
      子供の柔らかい肌に、悲しみの黒い雨。
      その染みは、大人になっても残るだろう。
      この染みは岩屋の向こうから狙っている獣の標的となるだろう。
      多くの人が口にする言葉はもはや何の力も持たない。
      バビロンの夢は、シバの思い。
      イカヅチと共に、鷲の巣を砕く。

         2
      ジャンヌはもはやフランスから来ないだろう。
      黒い旗はむしろカリブの方向から来るだろう。
         「さて」と娘は話す。
      「私は何処に着くのでしょう」
      そう、娘の舟は月の影を回り、そしてヴィナスの夢を見る。
      大いなる「海王」と、大いなる「眠りの王」との
      楕円の舞踏会では、「火の王」と「木の王」とが密談を交わす。
      ひとり外れて「土の王」が嘆く。
      「水の王」は娘のために舟を出す。

         3
      わざわいは、あなたがたの胸ポケットの中から。
      苦しみは、海の水から来るだろう。
      火を吹く6頭立ての戦車は、日本の国の頭の部分に攻撃を加える。
      日本の国は、大いなる虐殺の後にアジアの稲を自国に蒔く。
      日本の国は「鯨の夢」を貪るだろう。
      国賓と呼ばれる影の人々が、この国を手中に収めようとしている。
         4
      銀色の 娘は、その形をもって判断する。
      血と水を分ける。
      鉛と銀を分ける。
      風を空気から、分ける。
      石を岩から取り出す。
      そして、太陽の下へと帰るだろう。
        
             〔エピローグ〕
       地には這いずりまわる者の音が満ち、
       天には炎が満ちる。
       オメガはアルファであり、点であり線であることを
       その黄金の火柱の中に、人々は見いだすだろう。
       自分たちの望み、願うものがこの中にあるのかを
       翼を切り取られた者たちは、考えるだろう。
       火を吹く楕円には解答は無い。
       線を描く卵にも、解答は無い。
       解答は地を這う者の中にある。
       現実と呼んでいる夢の中から、砂金を探すように目を凝らし
       耳を澄まし、声を大にして探せ。
       これより先に舟を見つける手だては無い。
*******************************************************************
これは1991年3月21日に 宇宙神霊ARIONの媒介者、北川恵子氏がA氏の詩(3/4)として発表された「赤い月の形としての物語」全文。
先日、わが家を来訪された方とこの預言詩のことが話題になったので久しぶりに掲載しておく。
これは2011年3月11日の東日本大震災による津波で、鷲の巣と表現された原子力発電所事故災害とその影響に関しての預言詩であった。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




都立墨東病院口腔外科、獨協医科大学埼玉医療センターなどへの病院通いが始まって妻はアメリカ在住の息子の会社に電話をかけて迷惑がられたりパニックになっている。
本人よりまわりの方が心配するのかも…。少名彦名はなにをしようとしているのだろうか。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





昨年の暮れ頃「このところ、少名彦名が気になる。」と記したがしばらくなりを潜めてふたたびアクセスしてきたようだ。このところ黒い頭巾のトリックスターのような姿がチラチラ見える。今回のわたしの口中の腫瘍騒ぎもなにかのアクションらしい。どんな計画があってアクセスしてきたのだろうか。ハジマーシュと呼んでいるのはわたしのことだろうか。腫瘍の検査結果が出れば意味がわかるのかも…。
fumio


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アルバ ム「水面に書いた物語 」、「プロセス」「カリフォルニア・サンシャイン」「ひかりのくにへ」「現代の愛 」シリーズインストルメンタル曲集「夢神楽」などの今週のアクセス聴取ランキング
**********************
2月2日(金)~2月9日(金)
ヒット数317件中  
 順位前週前々週 

第1位(2)<8>祭りの夜
第2位(1)<7>夢の旅
第3位(7)<12>あやかしのまち
第4位(12)<8>ごめんなさい
第5位(4)<4>そしてなにが残った
第6位(5)<1>小舟がひとつ
第7位(19)<11>素顔のマスカレード
第8位(3)<6>ラスト・ランデヴー
第9位(10)<17>マイ・スィート・ライフ
第10位(13)<9>水面に書いた物語
第11位(28)<28>わかりあえる日まで
第12位(26)<36>月とラクダ
第13位(15)<31>
第14位(35)<2>わんだふるわーるど
第15位(34)<37>All right girl
第16位(17)<23>モニカの朝
第17位 (18)<16>愛し疲れて
第18位(37)<27>まことのひかり
第19位(-)<->しあわせになれる
第20位(9)<34>水の中で
第21位(32)<29>オクラホマシテイナイト
第22位(50)<40>愛と光のテーマ
第23位(48)<40>ハロー・マイラヴ(わが地球)
第24位(49)<38>夜明けの鐘が鳴る
第25位(21)<10>オーロラの町から
第26位(-)<->スパスシフィカ
第27位 (27)<15>それってⅨじゃない
第28位 (-)<->少女ゆーろ
第29位(16)<22>UFO Rock
第30位(33)<->雨の日のデート
第31位(46)<45>マホロバ回帰
第32位(41)<->プロセス
第33位(44)<->溢れくる涙
第34位(22)<25>Sentimental lady ‘M'
第35位(38)<43>光闇ツアー
第36位(43)<->looking for love
第37位(-)<->ノスタルジックジャイヴ
第38位(6)<13>Wake you
第39位(14)<21>女優(スター)
第40位(20)<5>はるかなるメロディ
第41位(23)<20>STAY WITH ME
第42位(11)<26>軽々しく愛を口にしないで
第43位(25)<41>チャンスの女神(fortuna)
第44位(29)<9>New morning
第45位(42)<38>ぼくは夢、ぼくは愛
第46位(45)<->今すぐに
第47位(31)<24>歌入りまほろば回帰
第48位(-)<->カリフォルニアサンシャイン
第49位(8)<14>恋すれば魔女
第50位(24)<30>ナルシスの花びら


**************************************************
今週50位のナルシスの花びらは高校を卒業した頃なぜか水の中でと一緒にできた歌だった。 ご愛聴感謝。
fumio



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日、独協病院耳鼻咽喉科で大村和弘外来医長がわたしの軟口蓋の組織を採取した。
独協病院は最新の設備がそろっているようだった。
その間、海外留学生らしい実習生が英語で質問していた。会話は英語が基本のようだった。
結果は来週16日金曜、腫瘍外来で。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1月の終わり頃、以前抜いた右下親不知の歯茎が腫れてきたので2月1日に長栄歯科に行くと亀井慎哉ドクターが診てくれた。
写真やレントゲンを撮って自分のところでは対処できないから都内の大きな病院を紹介するといって 東京都立墨東病院口腔外科への紹介状を書いてくれた。
それで2月3日土曜に行くと担当医師は休みだったので採血だけして6日の火曜日に検査のために組織を取るという。
それで昨日2月6日火曜に再び墨東病院に行くと担当の松崎英雄医師は軟口蓋のできものだからこの部位は耳鼻咽喉頭頚科で診ることになるといって
獨協医科大学埼玉医療センターへの紹介状を作ってくれた。
そういうことで今日は独協病院へゆくことになった。
fumio


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日2月6日は「ファー・イースト・ファミリー・バンド」のリーダーでヒーリングミュージックの宮下富実夫の命日であり、わたしの誕生日。
fumio

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ