ふー 日記(酒にまんがに本)

何を飲んだか、読んだかが中心の日記。

文楽

2017-04-23 18:10:25 | Weblog
4月公演の第1部に行って来ました。

・寿柱立万歳 (ことぶきはしらだてまんざい)
まずは三河万歳でお祝い気分を盛り上げます。
・菅原伝授手習鑑 (すがわらでんじゅてならいかがみ)
  茶筅酒の段
桜丸の妻の八重さんの料理ができないのがラブコメのレベル。
  喧嘩の段
派手な取っ組み合いが見もの。
  訴訟の段
時代が違うせいか、理解はしづらい。
  桜丸切腹の段
歌舞伎では白装束の橋之助がきれいでした。文楽では黒の衣装。
・豊竹英太夫改め 六代豊竹呂太夫 襲名披露 口上
三味線の鶴澤清治さんが声もいいし、トークも軽快なのが意外。(先代の呂太夫さんがハンサムと持ち上げておいて、当代を落とす)先代の写真を見たら、本当にかっこいい人でした。
  寺入りの段
落書きする子供があるある。
  寺子屋の段
子供たちと親たちのやりとりで笑わせておいて、すぐに哀しい最後に続きます。この部分も今の時代には理解できないため、共感はしづらい。
今日は天気がいいせいか、着物の人がたくさんいました。でも、劇場内は寒かった。いつものようにいいところで眠くなるのは反省点です。
※ずっと昔に劇場のお弁当を食べてまずかったんだけど、今日食べたら、おいしくなってました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小説現代5月号 | トップ | 自然がいっぱい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。