ドラマのとびら

即興劇で、ドラマで学ぶ、教える、浮き沈みの日々  HP「学びの即興劇」の現在進行形

応用ドラマ教育論、一人ひとりのドラマ教育論

2017-07-13 20:09:19 | 授業のようす
応用ドラマ教育論、今年度の前期クラス最後の授業。

ふ「ひとりずつ授業の感想を。そのまえに紙に書いてみよう。例えば『チャレンジがドラマの学びを深くする(ふうみん)』

書いた言葉のアイウエオ順に話しました。これも記録に残しておきたい。

や「書くより しゃべる!動く!」話して動いて分かることがある

ひ「教育はコミュニケーションだ!」コミュニケーションをとりやすくする

た「現実の問題に目を向ける」ドラマの手法が適している

あ「行動がいろんな扉を開いていく」やのいったことにも通じる

ゆ「答えがない」これまでの学びは答えがあったけれど、ここでは答えのない問いを考えた

も「自分らしさを知る」他の人についても知れたけれど、それを通して自分を知った

ゆ「主役と観客、自分のドラマ」演じているときは主役、ふりかえるときは観客、どっちも自分のドラマ

う「全員主役」まさにそういう感じ

ダ「楽しく元気にドラマ教育」ドラマ教育を始めるとき、そういうふうに始めたい

フ「ドラマ教育、十人十色のステイタス」ステイタスをやったのが印象に残っている

ア「ドラマとは湖のようなものである」自分を写す鏡のような湖、でも中をみると魚や色々なものがいる

し「ドラマ!?ドラマ!!」ドラマ教育ってなんやと思っていたけれど、本当に演劇のドラマだった。これは教育でなくても役に立ちそう

ナ「笑いあり、理解あり、奥が深い」今でも思い出して笑ってしまうこともあるし、理解を深めたこともあるし。

ふ「チャレンジがドラマの学びを深くする」このクラスは、とてもチャレンジな取り組みをしてくれた。おかげでドラマ教育について深めることができた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美しい部屋を保つには! | トップ | 応用ドラマ教育論から道徳教... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。