ドラマのとびら

即興劇で、ドラマで学ぶ、教える、浮き沈みの日々  HP「学びの即興劇」の現在進行形

太郎の成績―即興型学習研究会報告

2017-05-23 08:19:16 | ワークショップの報告
5月21日。

前もって検索した通りに出かけました。
間に合うはずが、まさかの遅刻。
駅から会場までをもっと余裕をもって見ておくべきだった!

午前中はすぅさんのワークショップ。
あまり元気のない私は、最後のゲーム「宇宙人を探せ!」を見学。
でも、見学が意外に面白かった。
宇宙人が誰なのか分からない。
なのに当てる人がいるのも不思議。

目を閉じてぶつかったら地球人は「こんにちは」、宇宙人は「さようなら」をいうゲームは、
地球人と宇宙人、宇宙人と宇宙人のニアミスにハラハラ。

午後は私の担当。
「太郎の成績」をめぐって。
『学びを変えるドラマの手法』(旬報社)に掲載したもの。
日頃は、大学での授業で実践しています。

いつもと違うメンバーで、時間にも余裕があったので(授業2回分の時間)、
いつもと違うやり方をしました。

まず、初めての人を対象にワークをするのに、自分でウォームアップをせずに
いきなり本題に入りました。しかも午後一番の眠い時間帯に。
これは、参加者をみてOKと思ったことと、
すぅさんが場づくりをしてくれているので、それに乗っかればよいと思ったのと。

次に、太郎の成績に太郎の母親から抗議の電話をもらったA先生が他の先生方に相談し、母親や太郎と話し合いをしたのち、普段なら全体での話し合いに移るのですが、
今回はポストイットを使って、自分の思いや考えを整理してもらい、
その上でグループで話し合ってもらいました。

本当は、全体で話し合ってから、リフレクションの時のこの方法を使う予定でした。
でも、母親とのやり取りの時間が永くなり、かなりしんどかったので、
役から離れ、頭の作業を入れてクールダウンしたほうが良いと判断しました。
その後、グループでふりかえりをしていただきました。

すぅさんに太郎役をやっていただきましたが、もくろみ通り、
すっかり太郎になってくださいました。
この親にして、この子あり。
私も初めて経験した、強烈な太郎でした。

ワークは2時間ほどで終了。
その後、50分ほど全体で輪になってリフレクション。
参加者の熱心さに支えられ、なかなかの充実した場となりました。

「しんどかったけれど、面白かった」とある参加者の声。
「聞けば聞くほど、母親の言い分は最もと思えて来る」との声も。
私が演じた母親の成績に関する捉え方は、文部科学省の指導にもあるもので、
それほど間違っていはいないと思います。
けれど、成績に異常にこだわる母親に、子育ての姿勢としてはどうかと思うのです。

これまでの経験から、成績を評価ではなく賞罰と捉えている学生がとても多い。
自分の固定概念に疑問を持ってほしい。
いろいろな視点から考えられるようになってほしい。
学生とこのワークをするときは、そんな願いを持っています。

私も、しんどいけれど、充実した時間をもつことができました。
即興型学習研究会のみなさま、すぅさん、参加のみなさま、
ありがとうございました。

結構、準備したつもりだったのに、名刺も本やワークショップの宣伝を忘れていきました。
どこか抜けてる今日この頃。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おわっちょる

2017-04-29 17:38:57 | 日記・エッセイ・コラム
久々にダニ友達の島野さんから電話。

今日の「世界一受けたい授業」に講師として出演するそうな。
夜8時からと言うから、アラームをかけておかないと逃してしまうと思って、
携帯を探すも見つからず。

あれっ?さっき誰かに電話してここに置いたはず。
置いたはずのところにない。
電話での話も上の空になって携帯を探す。

そしてやっと気がつく。
今電話しているこれやんか。

おわっちょる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

即興型学習研究会

2017-04-25 09:44:34 | お知らせ
グラスルーツという英語教育に関心のある方々が中心になって設立された団体の一つの部門として即興型学習研究会があります。
講師はインプロのすぅさん。

そこにお招きいただきました。2回目です。

 【日時】2017年5月21日(日) 10:00~16:30 
      【場所】大阪市立中央区民センター(堺筋本町)
       http://kokucheese.com/event/index/456309/
 【対象】教育関係者、学びの場づくりに関わり・興味のある方
 【主催】特定非営利活動法人 Creative Debate for GRASS ROOTS
      即興型学習研究事業部(担当:藤原・柳田)
 【共催】しなやかリレーションシップ

 【参加費】一般3,500円  学生1,500円
 【詳細・お申込み】こくちーず http://kokucheese.com/event/index/456309/

facebookの即興型学習研究会もしくはインプロパークのHPでもご覧いただけます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀行と市の窓口

2017-04-24 18:24:32 | 日記・エッセイ・コラム


今日、窓口で2つの体験。

まず銀行。
振り込みのため、番号をとって待っている間に用紙を記入。
けれど、記入の仕方が良く分からない。
そうこうするうちに番号を呼ばれる。
「まだ書けてないです」というと「書けてからもう一度番号をとってください」と言われました。
「はい」といって窓口から引き下がったものの、書き方が分からない。
もたもたしていると、補助の方が来て説明してくれました。

次に住民票取得のために区の総合庁舎へ。
ここもうっかり用紙を書く前に番号をとってしまいました。
まだ記入用紙も見つけられないのに、番号を呼ばれてしまい
「すみません。まだ用紙記入ができていないんです」というと
「そうですか。でもせっかく窓口に来られたのですから要件を伺いましょう」
といって、必要な用紙をくれ、記入の仕方も教えてくれました。

銀行のほうが官僚的対応だと思ってしまったのでした。
この表現、なんだか変だけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

濃いのに疲れない―第1回教育×即興×省察ワークショップに参加して

2017-04-24 18:15:11 | 日記・エッセイ・コラム
昨日は、武庫川女子大学で井谷先生(ひこさん)主催の「教育×即興×省察ワークショップ」というすごく濃い研究会に参加しました。

13時に始まって18時まで、2つの実験授業とそのリフレクションという超ハードなスケジュールにもかかわらず、雰囲気は柔らかく明るく穏やかな気持ちで終わりました。

「疲れたー!グッタリ」という感覚がなかったのです。
(その後の懇親会でワインを飲んでしまったのは不覚でしたが)

充実しているのに疲れない。こんなふうな授業ができたらいいなと思っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加