ドラマのとびら

即興劇で、ドラマで学ぶ、教える、浮き沈みの日々  HP「学びの即興劇」の現在進行形

「どちらでもない私」の存在について

2017-04-05 13:52:53 | ワークショップの報告


がねてぃのワークショップについて、忘れないうちに書いておきます。

「できそうにもないことをやってみる会」第5弾
絵本の中で遊ぶ


広い和室の中に白い布を10メートルぐらい張り巡らす会場設営から始まりました。
『スイミー』の画像が白い布上に映されています。

初参加、ドラマ的なワークショップは初めてという人も三分の一ぐらいはいる状況の中で
自己紹介も何もなし
司会の私ががねてぃにバトンタッチするや否や
音楽が流れ、がねてぃのナレーション「海には様々な生き物がいます」うんぬん

そして「みなさんは海の中の生き物になって自己紹介してください」

私は「ふうみんです。私はカニです。みなさん、カニといえば横に歩くと思っておられるかもしれませんが、私は前に歩きます。(ここでみんなの笑い)
私は赤くはありません。青い色をしてます。
多分、私の住んでいるのは沖縄の海です」と自己紹介。

実際に沖縄で見たカニを思い出しながら話しました。

みんなの自己紹介が終わると、「海にいる生き物をつくってください」といわれました。
それを布にライトで映すのだと。

私は青いセロハンをつかって、カニをつくりました。
へにゃへにゃと扱いづらいので、それを厚手のビニール袋に挟み込みました。
実際に映してみると、青のセロハンではボケてしまって、はっきりしません。
それでハサミや胴体に赤マジックで輪郭や模様を入れました。

自分の作品づくりに夢中で、他の人が何をしているかあまり関心がなかったのですが、
そこまでくるともうつくるのに飽きてしまって、他の人のつくるものを見ていました。
特に真珠貝に興味をひかれました。

だいたいの人が何かをつくったところで
「これから絵を映してお話をします。お話が終わったところで、みなさんに登場してもらって好きに遊んでください。映している途中で何かしたくなったら好きに動いてもらってかまいません」
と告げられ、スイミーの絵本のお話が進んでいきました。
深い海の底のような、眠たくなるような繰り返しの音楽が流れています。

ひとつの絵が、かなり長い時間映されています。そのうち、その画面を使って遊ぶ人が現れました。
タコのようなのや、イルカ、クラゲ、水草、訳の分からないフワフワしたもの、いろいろなものが登場しました。
私もその動きにつられて動いたりしていましたが、もっぱらライトをもって後ろからついて行くという感じでした。この仕事はかなり気に入りました。

自分のカニを出すタイミングがうまくつかめず、絵をみていると「今じゃない」と思え
とうとう最後になってしまい、今出さないとチャンスはないと思い
ようやくカニを登場させることができました。
真珠貝が登場しないことが気になりました。

そして「終わります」。

この間2時間。私にはあっという間でした。

その後、ふりかえり。
「遊びきった」「おもしろかった」という人と「のれなかった」という人と。

「できそうにもない会」のおもしろいところは、こういう率直な感想が語られること。

私には絶対できないワークショップだと思いました。
私なら、「のれない」人ができるだけないように、表現しやすい場づくりをまず考えるでしょう。
ステップを踏むということを考えるはずです。

でもがねてぃはあえてそうしなかったと。

「のれない」というのも大事だ
今のれなくても、あの時のれなかった自分に何か気づくかもしれない
自分で気づくのが大事で、それに何か手助けをして少しの満足(納得)をえることは
かえって良くない
人生は自分で切り開かなくてはいけないのだから

文字通りそういったわけではないけれど、私はがねてぃの思いをそう取りました。

遊びに参加するのか、見ているのか
「参加する」「見ている」と決めたらその枠でいられる
枠から、はみ出ない
「参加したい、でも出られない」「参加したくない、でも見てるだけでいいのか」
そんな不安定さに自分が立つということが、自分の境界を越えるために必要なのでは?

そういう問いかけをもらった気がします。

終了後、居酒屋へ。ここで初めて自己紹介。
多様な方が来られていました。
話が尽きませんでした。
「深い」と思いました。

私自身は、面白かったかと言うと、やりながら「面白い」とも「面白くない」とも思っていませんでした。
でも絶えずその状況に引き込まれていた気がします。
そこにできた空間を楽しんでいたと思います。
だから時間がたつのは早かったです。

ついでなので「できそうにもないことをやってみる会」について少し書いておきます。

ゆりさんと、ひこさんの授業を見に行ったのが発端です。
その後3人で食事をする機会がありました。
「即興で物語をつくるというはできるんやけど、即興で音楽をつくるというのが授業でなかなかできない」というひこさんの話を受けて
「できそうにもないことをやってみるって面白いんじゃない?」とゆりさん。
「面白い!」と野次馬の私。

第1回 2015年12月6日(日)13時30分から 「即興音楽で遊んでみる」ひこさん 立命館大学茨木キャンパス 24名
第2回 2016年3月5日(土)13時30分から 「しゃべらないをやってみる」かぜのすけ コンソーシアム京都第一講習室 8名
第3回 2016年8月15日(月)10時から 「台本のない芝居をつくる」いしい先生 追手門学院高等学校 20名
第4回 2016年12月11日(日)13時から 「即興ダンスを遊んでみる」こいちゃん・しずちゃん かぜのね 8名
第5回 2017年4月1日(日)13時30分から 「絵本の中で遊んでみる」がねてぃ 山科アスニー 15名
次回のファシリテーターはみいちゃんと決まりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ドラマと学びの場』書評

2017-03-11 11:40:38 | 本・論文・雑誌
上條晴夫先生が、facebook上で絶賛してくださいました。
嬉しいので、記録します。



facebookをやっておられる方は、2017年3月8日にシェアしていますので、私のスレッドを見てくださいな。

ワークショップと本づくりの過程がめちゃくちゃ面白かったのは、集まったメンバーが良かったから。

私の功績は、本を出すという目的をもって、このメンバーを集めて、ワークショップを開催したことやねえ。

幸せなことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シタヲマワス

2017-03-09 15:01:51 | 日記・エッセイ・コラム
新聞を読んでいると夫が
「ボールペンどこ?」
私「真ん中の引き出し」
「このボールペン、どうしたら先が出るの?」
私、新聞から顔も上げずに「下を回すの」

するとピチャピチャと変な音がするので顔を上げたら
夫が高速で舌を回していた。

爆笑!

ばかばかしいけど面白いから書いておこう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これって詐欺?

2017-03-05 16:08:44 | 日記・エッセイ・コラム
新しい家ができて、いまボチボチ引っ越し中。
2009年に京都に戻った時の引っ越しを含めて、京都で実に5回目の引っ越し。

気がついたら、布団にカビが。
それで丸洗いをお願いしようと業者に電話。

実はこの業者。何日か前に「会員になれば布団丸洗いの料金が会員価格になります」と電話セールスをしてきて、「そろそろ布団も古くなってきたし」と思い会員になったばかり。

電話で丸洗いをお願いすると、その日に布団を引き取りに。
でも、布団を見るなり「これはすでに中までカビてるから丸洗いは難しい」とのこと。
「生地も弱ってるし、このまま洗うと破れる。打ち直しも綿がたくさんいるし、新しく買ったほうがまし」と。

そして言うには「綿布団は手入れが大変だし、羽毛布団にしたほうが良いですよ」。
「いや、羽毛布団はある」というと見せてほしいという。
見せると「これは良い布団だ。良い羽毛が入っている。でも、羽がでてきているので打ち直しを勧めます」とのこと。

「これだけの良い羽毛が入ったものを新しく買うと1枚40万円はする。
(実は親が買ったもので、私は値段を知りません)
それを20万円で最高の布(側生地)で打ち直します。」…

「高い」というと、ちょっと布の質をおとして、端数を落として1枚10万円とのこと。
しかも、今なら羊毛敷布団をサービスすると。
ちょっとその気に。

でも2,500円で丸洗いのつもりが10万円って、いくら何でもどうよ。
「考えさせて」と帰ってもらいました。

すぐに布団をつくってもらった店に電話。
見に来てくれて、「これたぶん表面だけ。うちで打ち直します」と持って帰ってくれました。
電話があって「上だけで、中は大丈夫でしたよ」とのこと。

やれやれ。

ネットで検索すると、良い布を使っても羽毛布団1枚3万円から5万円で打ち直しをしてくれる。
10万円と言われたから、これが安く感じるから不思議。

うちの親が、そんなに高い羽毛布団を買っていたとは知りませんでした。
両親は、贅沢とはほどとおい暮らしぶりの人たち。
想像するに、母親が○○商法に引っかかって買わされたのでは?
他人を疑うことを知らない人だったから。

私も似たようなところがあります。
気をつけよう。自戒をこめて書いておきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すれ違う会話

2017-03-04 09:58:50 | 日記・エッセイ・コラム


夫の運転でホームセンターへ向かう途中。

私「車って、運転してるとき、自分の車の幅を認識するの難しいんやろな」
夫「しまった。この道行くつもりじゃなかったのに」
私「私は運転しないし分からんけど」
夫「仕方ない。大通りまで出よう」
私「Y駅へ行くまでの細い道あるやろ?自転車で走っていると車に後ろから付けられることがあるねん」
夫「あそこで曲がろう」
私「私は端に寄せてるし、余裕で追い越す幅があるのに…。あれ嫌やわあ」
夫「この道は信号少ないし、やっぱりこっちにして良かった」

ここまできて、私は黙りました。
まったくかみ合わない会話。
これ、「かみ合わない」の象徴として台本に使えるのと違うかな?
台本を書く予定など全くないのに、考えていました。

最近、お互いに相手の話を聞いていないことが多い。
私が聞いていないときは「聞いてない!」って語気荒く言わたり、
聞き返すと「さっき言った!」と無視されたりする。
お互いさまやねんけどな。

それに、私は今に始まったことではないけど、ふと何かに囚われて
周りが入らなくなることが多い。
そういうときは聞いていない。
だから聞くことを意識するときは、疲れる。

もうちょっと優しく言ってほしいけどな。
まあ、この年になって自分を変えるのは難しい。
これもお互いさまやね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加