ドラマのとびら

即興劇で、ドラマで学ぶ、教える、浮き沈みの日々  HP「学びの即興劇」の現在進行形

偉大なる贋作―森村泰昌の自画像たち

2016-06-19 14:45:13 | 日記・エッセイ・コラム
先日、はるばる仙台からやってきたそのちゃんと中之島の国立国際美術館へ。

森村泰昌の「『私』と『わたし』が出会うとき」の展覧会を見てきました。

肖像画の人物になりきって写真を撮る。
なりきる。
そこにすさまじいエネルギーをかける。

そして、映画「自画像のシンポシオン」。
13人の肖像画の人が集う。

なりきってみたからこそ出てくるセリフ。
想像力。

「ラス・メニーナス」
これ、見た! 確かにどこかで。

そう!大塚国際美術館!
あれも偉大なる贋作だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-06-03 15:28:53 | 授業のようす
毎年、応用ドラマ教育論はスキルやメソッドを経験してもらうことにしていました。

今年はスキルやメソッドにとらわれず、受講生との出会いや雰囲気の中で、今やりたいと思っていることを授業にしています。

昨日は、『本能寺の変』をニュースショーで表現するという授業。
昨年度、学生がやった授業のパクリです。

先週に『本能寺の変』についてのリサーチを宿題にしておいたのですが、あまりやってきている風ではなく。

私自身は、資料をつくりました。
インターネットはなんと便利なのでしょう。
数時間で、本能寺の変とそれまでの織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、明智光秀の簡単な年表をつくることができました。

最初は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の性格の違いを、セリフなしで表現。
ほととぎすの句を参考にといったのですが。

tallグループ。待ち合わせシーンで、遅れてくる人に怒る織田信長、罰金を要求する豊臣秀吉、マイペースの徳川家康。

middleグループ。敵を銃で撃ち殺す織田信長。相手に裏切り者をつくる豊臣秀吉。逃げるが勝ちの徳川家康。

shortグループ。妻と馬で駆ける織田信長。妻に叱られて謝る豊臣秀吉。三歩下がって歩く妻を従える徳川家康。

なるほどね。史実は知りませんが、ありそうな。

次に、本能寺の変の真相。ニュースショウの形式なので、今度はセリフあり。

tallグループ。本当は、織田信長は死んでなかった。戦国合戦がいやで世捨て人として生きていた。ゲストとして呼ばれた関係者Nさんが真相を語るのですが、いつの間にか号泣野●●議員キャラに。

middleグループ。ゲストとして、豊臣秀吉。実況中継で黒幕が豊臣秀吉だとばらされ、「この番組をつぶしてやる」と威嚇するも、引きずって退場させられる。

shortグループ。真相は闇の中説。ゲストはザビエル。何とも頼りなく、織田信長についてきかれても「いい人でんな」としか言わない。ザビエルは関西弁を話していたが、実際そうだったかもと思わされました。

体当たりの表現に爆笑に次ぐ爆笑で、これが授業?って感じでしたが、「だんだん一皮むけていくのが面白い」「今度は誰が?と楽しみ」と学生の弁。


私も毎回、楽しみ。いや、私が一番楽しんでいるのかも。
一緒に笑えるのは大事。笑う力は生きる力。
長生きできるかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消費税が上がるはずだったが

2016-05-30 12:04:54 | 日記・エッセイ・コラム

夫がこちらに戻ってくると、八畳一間で炬燵机をかこんでいます。

距離が近くてまったりしているときは良いのですが、
仕事をしているときはお互いの気配が邪魔。

思い切って、母屋を建て替えることに。
「思い立ったら早いほうが良い、消費税が上がるから」
今、母屋の整理と建て替えの準備。

離れを建てた時にもっと先の見通しをもってすればよかったのですが、
そのときは良くよく考えたつもりでも、時が過ぎればなかなかうまくはいかないもので。

1990年ごろ、台所の使い勝手が悪いので思い切って
バス・トイレを含めて水回りをリフォーム。
その翌年、沖縄への引っ越しが決まる。

2009年に京都に戻ってまず団地のリフォーム。
水回り以外。
住に関心のなかった私としては珍しく気合を入れてリフォーム。

ところがすぐに父がなくなり母と同居することに。
父にはもっと生きていてほしかった。

当時の母はまだ自炊をしていて、新しい仕事に就いたばかりの私は、ストレスフルな毎日。
すぐにどこかに物を移動して忘れてしまうと母と一緒の台所仕事は耐えられず、
離れを建てることに。

母の介護が終わったら、元の団地に戻るつもりででした。
ところが気がついてみれば、団地には息子家族がいて居住権を主張。
あらら。

ならばこちらを建て替えよう。
急いだのに、消費税はまだ上がらないって?
もう、契約してしまいました。

家に関しては、いつも、タイミングが悪い。
でも、家が出来上がる過程は夢があります。
大変だけれど、楽しみたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植物は偉大だ

2016-05-14 21:31:47 | 日記・エッセイ・コラム

今日、ほぼ一日庭仕事。

なんて書くとどんなお屋敷かという感じですが、スナップエンドウだけで午前中終了。

午後は、一部の草抜き。あとは生け花、買い物。

雑草は嫌になるけれど、植物がせっせと栄養や酸素をつくってくれるから、
私たちがあるわけで。

植物は偉大だ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

継続することも大事だぞ!

2016-05-14 14:02:23 | 授業のようす

今日の収穫。
スナップエンドウのはずが、収穫時期をのがしてグリーンピースになってしまいました。
これがまた、おいしいこと! あま~い!
ほったらかしのイチゴもたくさんとれました。

先日の即興型教育研究会で、ある人から「授業で失敗とかありませんか?」と聞かれました。
ありませんか?どころの話ではなく、失敗だらけ。
毎回、改良に次ぐ改良。

私のいけないところは、飽きっぽいこと。
同じ授業を繰り返すのがイヤ。
自分の最も関心の新しいところに、すぐ飛びついてしまいます。

そういうこともあって、前回やったことをそのまま繰り返すのがかえって難しい。
改良のつもりだけれど、かえってもっとまずかったりもします。

そんな中で、継続して行っているプログラムがいくつかあります。
それまでの過程から、とても愛着があるプログラム。
そういうのは、やはりだんだん良くなっていく気がします。

「ハックの冒険」の授業。これまでは補講で2時間かけてやっていました。
今回は補講がないので、90分で挑戦!
どうしても90分でやらねばと思うのと、それなりにできるものですね。
一番工夫をしたのは、ジグソーグループに戻ってからの情報共有の方法。
「ひとり1分ぐらい」と時間を区切って、順に報告してもらいました。

もう少し話し合いの時間が欲しかったのは確かですが、結構深い学びになりました。
時間をかければよいってものでもないようです。

継続することは大事!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加