ドラマのとびら

即興劇で、ドラマで学ぶ、教える、浮き沈みの日々  HP「学びの即興劇」の現在進行形

環境教育論―ESDをめぐって5人で大討論

2017-01-18 21:22:36 | 授業のようす
今日は環境教育論の授業最終日。

まず10分ほど、YouTubeでムヒカ大統領のリオ+20での演説を聞きました。
これはプリントにして読んでくることを宿題にしてありました。

印象に残ったところ、良い悪いではなく、好き好きじゃないと思ったところを出し合って話し合っていきました。

「命より高価なものはない」というところが好きだった、と。
それに対して、「これまでの経験からそう思ったことってあった?」と尋ねると、「身近な人が亡くなったという経験はない」とか言いつつも「交通事故にあって、その時はパニックになったけど、落ち着いたら誰もケガしなくて良かった。もし誰かを轢いていたらお金で償えないと思った」などの経験が出てきました。

「発展途上国が先進国並みに大量生産・大量消費することが限られた資源の中で可能なのでしょうか」という問い。
私たちは、これ以上消費を増やさないという選択ができるのか?どういう選択ならできるのか?

「豊な消費、ローンのために働き続けるのが幸せなのか」という問いから、教員の働き過ぎの問題に話は発展しました。教員を目指す人たちだから。制度を変えないと変わらない。ムヒカ大統領の言うように政治の問題だ。でもその政治家を私たちが選んでいるのでは?個人でできることはないのか?働き過ぎるのは、仕事以外の充実した過ごし方を知らないからではないか。働く側の意識も変えていかなくてはいけないのでは?

話に熱中して、気がついたらあと5分。
受講生4人と私。たったこれだけの人数でしたが、充実した話し合いでした。

話は1月15日に遡るのですが、この日大雪で電車が大幅に遅れ、遅刻しながらも即興型教育研究会に参加。

午前はすぅさんのワークショップと上條先生によるその協働的リフレクション、
午後はがめらのワークショップと上條先生による協働的リフレクション、という2本だて。
ワークショップそのものがとても面白いものでした。

リフレクションには、参加者約30人の半分が加わり、残りの人はフィッシュボール形式で見守り役。

リフレクションとは何か、どういうもので、どうすればよいのかを考えさせられる、刺激的な経験でした。

今も参加者どうしてfacebook上の対話が続いています。
その対話も含めて、私が納得したのは…

「どう思いますか」では話が深まらないということ。
それをこれまで私は何回も繰り返してきて、「なんで話が深まらないんだろう」と思っていたわけです。
自分の意見は言うけれど、意見を重ね合うということをしない。
自己完結しようとする。他人の意見を聞いているように見せかけて実は寄せ付けない。
学生たちは、まわりと軋轢が起きないように厳しく防御しているのです。

「ここでは何でも言えるんだ」という場をどうしたらつくれるのか…。
このことに意識がありました。

で、このリフレクションを通して思ったのは、

「良い」はひとつの価値判断であり、「おもしろい」「好き」は自分の心の動きである。
「良い」というと主語が「あなた」になりがちで「おもしろい」「好き」は主語が「わたし」になる。
「あなた」で言われると言われた人は防御的になることもある。けど、その人にとってある種「内省」は生まれるかもしれない。
一般論になると「あなた」も「わたし」も深まらない。

私たちは普段、一般論でいいと思うことを発言しがち。これも防御なんですね。
だから「わたしは」と自分を主語にして考えたり感じたりすることが大事ってこと。
アサーションとも通じます。

そういった内省的言語を聴き合うことで、そこに居合わせた人たちのリフレクションが深まっていく。

加えて、「反省でなく、ふりかえりでなく、内省でなく、省察を!」の意味と、「省察には協働が必要」の意味が腑に落ちました。

だから今日は学生に「どう思う?」ではなく「どこが好きだった?」と聞いてみたのです。
そして「なぜ?」「何かそれと関わる経験がある?」と。

今日はそれが良かった。人数が少ないことも幸いでした。
これからも実践して検証してみよう。

この間、悩みぬいてきた「リフレクション」だけれど、少しずつ自分のものになりつつある気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

理科の授業の面白さ

2017-01-13 10:23:36 | 授業のようす
理科の授業、実験の準備が大変だし、生物分野は予備実験でうまくいっても本番がなぜかうまくいかないこともあり、重荷に思うこともあったのですが、充実していると思えるようになってきました。

立命館大学に赴任して、2年目までは父の看取りと母との同居に向けてのゴタゴタ。
3年目から4年目の前半までは、小康状態で仕事に取り組めた時期。
そのあとは、母の変化のあとを追いかけながら、日々をこなす毎日。

その母も亡くなり、自由にできるはずなのになぜか虚脱状態。一周忌を経て、今年度の1年は、徐々に前向きになってきた1年だったように思います。

気持ちが内側にしか向かないときに、外に引っ張り出してくださった即興型教育研究会とすぅさん、「できそうにもないことをやってみる会」のゆりさん、ひこさん、獲得研と渡部淳先生、そして今共同研究を進めている吉田真理子先生。恵まれているとつくづく思います。

『演劇と教育』に「授業を振り返る視点としてのアクティブ・ラーニング」という記事を書かせていただいたのも、外から声をかけていただけるありがたいきっかけでした。

今年度から、理科教育研究という中学理科免許状取得には必修の科目を担当しています。
中学校の授業をしたことない私が担当するのですから、自身が学びながらの授業です。

この授業は教育実習に向けての大事な授業なので、まず授業プランが立てられてそれを学習指導案に表せるということが目標です。

加えて大事にしたいと思ったのは、各自の授業観の問い直しです。学生は自分の受けてきた授業のイメージしかなく、そういうものだと思っています。
このままだと、受験のために授業を聞いてひたすらノートに向かうという受け身な授業が繰り返される。
そういう授業から、主体的に学ぶ力をつけていく少数の人も居ます。教師になりたい人には、そういう人が多いかもしれない。でも、多くの生徒はそうではありません。

いろいろな授業方法を体験してもらうようにしました。
特に、現職の中学校の先生のICTを使った生徒主体の授業は、学生にとって目から鱗だったと思います。

海外の理科教育を調べて発表する授業もしました。これを受けてのディスカッションは、自分たちの受けてきた授業を相対化するのにずいぶん役立ったと思います。

最後の授業。中学の理科とは、いったいどういう科目なのか。何を教えなくてはいけないのか。
前の時間に物理、化学、生物、地学の4つに分かれて、グループで考えました。
それを発表したのち、ディスカッション。「理科を学んで、何が楽しかったか」という話になりました。
「実は理科は嫌い」と言っていた学生が、授業記録に次のように書いてくれました。

「理科の面白さについてのディスカッションがとても印象に残っています。これにもっと早く気付いていればいろいろ状況がかわってきたのかなと思いました。今まで私に教えてくださった先生方はそれを教えようとしてくれてたのでしょうが、私の心には響かなかったようです」と。彼女が教師になるのが楽しみです。

「学生たちと一緒に授業をつくってきた」と実感の持てる授業でした。

まずは1時間の授業プランから始め、中学理科、さらに理科全体へと広げていくという方向で授業をしてきましたが、このディスカッション、もっと早い時期のほうが良かったのかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スクールカースト

2016-12-21 17:48:37 | 授業のようす
学生は、ほんとうにいろいろなことを教えてくれます。

最近、スクールカーストについてディスカッションする授業を学生が計画してくれました。

ほとんどの学生が、スクールカーストを経験している。
けれど、「カースト」という言葉を単なる個性の異なるグループと捉える人たちが多かった。
この人たちは、本当にそれぞれがグループをつくっても仲良くしていた場合もあるけれど、上下が歴然とあるのにカーストの上位に居て下位の人たちの気持ちに気づかなかった人も居るよう。

メジャーで強い運動部の部員やマネージャーが上位層を形成することが多いらしい。
明るく、雰囲気をつくり、発言力がある。

教員は、その人たちの発言力を利用してクラス運営をしているそうな。
だから、「スクールカーストを上手に利用してクラス運営しましょう」って。
おいおい。

発言しにくい人がいるってことが、問題じゃない?
先生やリーダーになる人は、そういう人の声を聴く工夫が必要では?
そういう声が出て、話し合いは時間切れで終わりました。

その話し合いを聞きながら、「スクールカーストを教員がつくっているんだ」と私は思いました。
顧問絶対の強い部活。
空気をよむことを教員が求める。
意に沿わなければ体罰、ハラスメント。

それを生徒は見習う。
クラスに持ち込む。
教員もそれに乗る。

こういう関係を打破して、誰もが自分の意見や気持ちを話せるクラスでなければ、
深い学習はできませんよね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクティブ・ラーニングと空間の使い方 日本学校演劇教育会関西支部のワークショップのお知らせ兼ねて

2016-12-16 09:06:04 | お知らせ
表記のワークショップ、12月27日午後、大阪で。
詳細は以下。

http://blogs.yahoo.co.jp/heiwaribon/34563371.html

facebookのある記載がきっかけで、10年程前にアメリカの小学校に入らせてもらったときのことを思い出しました。

小学校2年生でした。

午前は90の授業のあと、長い中間休みがあって、90分の授業。
前にも書いた気がしますが、先生は小さい絨毯を上手に使っていました。

子どもは20人。5人ずつ向き合うように机をならべています。
絨毯1枚に全員が立って、一緒に歌を歌います。声がぎゅっと集まる感じ。
2枚に座らせて、絵本の読み聞かせ。
4枚をバラバラに配置して、グループ毎に座ってグループ活動。
机に向かって座って、先生の話を聞く時間もあります。
机の後ろには広いスペースがあって、ダンスもします。
トイレに行きたくなったら、手を挙げて先生の許可をもらって、いつだって行けます。

いろいろな活動をしながら、飽きることなく進んでいきます。

アクティブ・ラーニングが当たり前のように定着していました。
「私たちも前はチョーク&トークでしたよ」と言っておられました。

日本でも、小学校はかなり活動的だと思うのですが、45分で機械的に休み時間が入るのは、先生にとってかえってやりにくくないでしょうか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2回立命館大学理科教育研究会 授業の失敗・工夫

2016-12-10 21:07:50 | 研究会報告
今日、終わりました。

午前中は、立命館大学卒業、6年目の教員による授業。
イカの解剖、ロイロノートを使ってのまとめ。
授業終了後、イカを食べた後、授業のふりかえり。

午後はまず教材の展示から。
色々な先生の手による手作り教材や生徒のノート
生徒がポスターセッションのためにつくったポスターなどの展示。

次に3人の先生による失敗談と授業づくりについて。
教員歴6年目までの若手ばかりですが、3人が3人とも
「いかに話す時間を短くして生徒に考えさせるか」という授業づくりをしていました。

3人を囲んで3つのグループづくり。
1グループ4~5人。
それぞれのグループで、授業案をつくりました。
それをロイロノートで発表。

ひとつは脊椎動物と無脊椎動物のちがい。
昆虫の標本や実物のエビを使っての授業。

ふたつめは季節による天気の特徴。
ジグソー法で。
評価はテスト。
テストの採点は生徒同士で。
そこからまたわからないっところは出し合って次の授業へ。

みっつめは摩擦力。
簡単なホバークラフトをつくる。
ホバークラフトと車でどちらが長く止まらずに動くか、遊びながら観察。
車が早く止まる理由を考える。
ロイロノートで発表。

4回生が、自分たちが教師になるまでに学んでおきたいことを中心に企画しました。
進行がたどたどしくて「大丈夫かな?」と思う場面もありましたが、
楽しく終わりました。

私と同じく教職理科を担当している船田先生とふたりで茶話会のためのポットなどをセットしながら
「これって私たちがやることなの」とポソッとつぶやいたら
「私たちは裏方ですから」と船田先生。
そうだ。その通り。

教職のための実験室ができて
こうして先輩教員、大学生、私たち担当教員が集まることができました。
こういった環境づくりができてうれしいです。

卒業生が在学生たちのために「自分も勉強になるから」と来てくれるのも嬉しい。
特筆すべきは、非常勤で週に1度だけ来てくださっている先生方も、とても熱心に参加してくださること。
小さな会ですが、続きそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加