ふみまは超バイオリン弾くよ

6年のブランクを経てレッスンを再開。
もはや私とバイオリンの愛憎劇です。

現状・成長・発表会

2017-02-22 09:04:27 | 音楽
とにかく練習している。
やはり重音の音程が合わない。
表現がどうこうと言っていたが、ここまできて音程がこんな感じだと
まず初心に戻って超分解練習するしかない。

上の音だけ下の音だけなら概ねちゃんと弾けるのだが、上下合わせて
重音にしてしまうとどうも悪い。
悪いってことは上下どちらか、もしくは両方の音程が合っていないと
いうことだ。
だけど、どっちがどうおかしいのか弾きながら私の耳ではわからない。

仕方ないのでメロディー順にポジションを移動しながら、一つ一つの
音程をチェックしてコレは高い、コレは低いと譜面に書き込み。
しかし、大半はすでに書き込み済み。
つまり直そうと努力はしたが直っていないってことだ。
いくらやっても直らないわけである。
しつこくさらって少し良くなったかと思い通してみると、もう合わなく
なっていたりするしね。

ええー、なんで?つい数分前まで弾けたのにと自分でも驚く。
それでまた振り出しに戻る。
そんな繰り返しでここまで来てしまった。
ほお、これはこれは…。いよいよ無理かも、ですな。

まあ仕方ない。そう、仕方ないとしか言いようがナイ。
ここまできたら発表会で違う曲を弾くわけにはいかないのだし。
最後の最後まで出来る限りのことをやるしかないのだ。
しかし、そろそろその「最後の最後」が迫っておりますね…。

重音部以外も練習を録音したものを聞きながら楽譜に書き込み。
音程が高い低い、音がショボイ、急いでる、テキトーに弾いているように
聞こえる…、などなど。
だんだん何もかも気に入らなくなってきて。
コレどうすんの?とマジマジ考える。

かなりの危機感があって昨年の発表会直前の練習の録音を聞いた。
バルトークのルーマニア民族舞曲。
どの程度の仕上がりだったかしら、と思って聞いてみたのだ。

≪続く≫

↓よかったらポチッとしてください。
にほんブログ村


『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラオケBOXにて | トップ | 現状・成長・発表会 の続き »
最近の画像もっと見る