ふみまは超バイオリン弾くよ

6年のブランクを経てレッスンを再開。
もはや私とバイオリンの愛憎劇です。

そろそろ発表会の曲とか

2016-10-14 08:55:54 | 音楽
発表会の曲のことを考えている。
今弾いている曲が終わったら取り掛かることになる。

さて、どうするか。
以前にも悩んでいると書いた。
その後も折りに触れて考えてきたが。
考えるほどにアレも弾けない、コレも無理となるわけだ。

漠然と頭にある候補曲。
サン・サーンス、ハバネラ・コンチェルト3番1楽章・
序奏とロンドカプリチオーソ
ラロ、スペイン交響曲3楽章、5楽章
ベリオ、バレエの情景

サン・サーンスは以前に曲を決める時にあがった曲。
ベリオは先生とは何も相談していなくて自分の中でどうかなと
思っているだけ。

サン・サーンスのコンチェルトを弾いてみたい気持ちはある。
だけど、弾けるのか?って話なのだ。
つまり、無理でしょって。
挑戦するだけならいいけど、発表会で弾くわけだから。

なにより、コンチェルトに対する恐怖感がある。
腕前を試されているようなあの感じ…。怖いなあ。
ヴィエニャフスキの2番に苦戦した後遺症かしらん。

今思えば、ブルッフを発表会で弾いたことも本当に恐ろしい
綱渡りだった。
レッスンを再開して日が浅くて、そういうことあんまりよく
わかってなかったなあ。
思い出すとゾクゾクする。

などと、いつものようにひと通りゴチャゴチャ書いておいて。
…率直に言うと。
なるべく難しい曲は避けたいなと。
本番までに仕上がらないのでは、という不安を抱えて練習
したくない。
なにより舞台上で、ちゃんと『曲』として弾きたいのだ。

《続く》


↓よかったらポチッとしてください。
にほんブログ村





『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローデ18番 | トップ | そろそろ発表会の曲とか、の続き »
最近の画像もっと見る