吉嶺史晴のブログ

音楽教室の御案内、日々のことなど

廣瀬量平の「メディテーション」におけるドミナントとトニック機能

2017-02-24 | 音楽制作覚書
廣瀬量平の「メディテーション」におけるドミナントとトニック機能について。
これ、面白いテーマになるのではないだろうか。
もちろん「ドミナント」「トニック」というのは文字通りの意味ではなく、そのような機能を持つ箇所、という意味において。

つまり廣瀬の「メディテーション」のような一見、前衛的に見える作品であっても、それぞれの音型の持つ役割を考えてみると、「緊張させる役割の音」と「緊張をゆるめる役割の音」がある、という風にとりあえず考えてみることによって見えて来るものがあるのでは?
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 単純な三部形式のまんなかの... | トップ | 学習フーガ、学習ソナタが出... »
最近の画像もっと見る

音楽制作覚書」カテゴリの最新記事