吉嶺史晴のブログ

音楽教室の御案内、日々のことなど

なるべく無駄な音を削り落とした形で

2017-07-14 | weblog
なるべく無駄な音を削り落とした形で音楽が作れたら良いなあ、といつも思う。
ひとつひとつの音がちゃんとした必然性を持ってそこにあるような、そんな音楽。

あとはやっぱり「こういうすごいテクニック使ってます」とかそういうこと言わなくてもすむようなそんな音楽。。。

聴いてる人が「この演奏者、上手なのか、下手なのかわからない・・・・・」くらい、そこまで思ってもらえるほどにテクニックが隠れた演奏って可能だろうか?
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉としての音楽 | トップ | もとの旋律を骨組みに装飾を... »
最近の画像もっと見る

weblog」カテゴリの最新記事