吉嶺史晴のブログ

リコーダー・音楽理論・作曲レッスン、音楽教室の案内、日々のことやお知らせなど。

7つの笛の踊り

2016-10-15 | weblog
午前中のレッスンが終わった。
今日は生徒諸君による四重奏シュテープスの「7つの笛の踊り」を中心にアンサンブルと個人レッスン。

四重奏は着実に進歩している印象を受けた。
イントネーション保持、テンションの変化など、まだまだ課題は多いけれども音楽として何を言いたいのか、ということが明確になって来ている。良い感じ!

ただ、イントネーションを変えないで音量だけ変化させるというようなことはまだまだ。
これは指による微細なイントネーション修正が不可欠なので、もっと熟達度をあげてゆく必要あり。

何もダイナミクス、アーティキュレーション変化の書いてない場所であっても実際にはテンションが変化している場所もあるので、そのあたりの楽譜の読みの深さもこれからの課題。
自分の担当している声部のすべての音に関して和声音と非和声音の区別、そして和声音ならば根音、第3音、第5音あるいは付加音の区別が出来ていること。これもまだまだ。

まだ未熟な点は多い。
しかしながら未熟だからこそ、伸びしろも沢山ある。
今後が楽しみだ。

P.S.
レッスンが終わって生徒諸君にいただきものの柿をプレゼントしたら、皆さん、嬉しそうだった。
「ああ、みんな子供の時、こんな感じで笑ってたのかな」と思った。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発表会前 | トップ | アルトをラクに吹けるように... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む