吉嶺史晴のブログ

音楽教室の御案内、日々のことなど

今日は朝からレッスン

2016-12-10 | weblog
今日は朝からレッスン。
しばらく前の曲を復習する生徒さんもいるので伴奏の練習をします。

今、朝の5時頃。
仕事場の入力用の電子ピアノで練習!!!
ゴードンジェイコブの「ヴァリエーション」、そしてバッハのオブリガートチェンバロの曲。

最近のレッスンの組み立て(生徒さんによって少し、違いはあります)。
1.まず最初に楽譜を読む練習(リコーダー二重奏で初見)
2.以前やった曲を復習(その場でいきなりやる場合と、前もって練習しておいてもらう場合と両方)
3.その時、主に取り掛かっている曲のレッスン

この3本の柱でレッスンしています。
特に私自身は1番目の初見の練習が大事だと考えています。
楽譜を読むことが出来なければその後の進歩が実に限られてしまうからです。
まずは楽譜を読むことが出来るようになること。
細かい演奏解釈などはその後。なるべく沢山、いろいろなタイプの楽譜にふれて実際に音を出すこと。

大人の生徒さんの場合には独立してレッスン時間のなかで聴音やソルフェージュの練習時間を確保するのが難しいのでやはり、初見の練習というのはその意味でも大事です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "Busqueda1" , "Algunos luga... | トップ | 無伴奏テナーリコーダー(ま... »
最近の画像もっと見る

weblog」カテゴリの最新記事