常総ルネサンスへの道

元常総市議会議員 遠藤ふみえのブログ

「2016年 常総市長選挙公開討論会」 になぜ出席しないのか?

2016年06月20日 | 国際・政治

明日6月21日に開催される 「2016年 常総市長選挙公開討論会 になぜ出席しないのか?」

皆さんからの問い合わせが多いので、少しお話ししておきます。

2008年の夏に出馬しました県議会議員補欠選挙のおり、水海道青年会議所

主催した公開討論会に参加をしたことがあります。

その時の司会者が、当時の青年会議所の理事長の 神達たけし氏 でした。

その後の、県議選の時にも、公開討論会のお話しがあったと思います。

しかし、対抗馬が選挙の直近まで理事長を務めていた ”神達たけし氏” となりました。

このため「青年会議所が主催する公開討論会では、候補者間の平等性は担保できない」

との理由から公開討論会には ”不参加” としました。

また、過去の県議会議員選挙では、青年会議所の理事長はじめメンバーが総がかりで

ブルーのジャンパーに身を包み神達たけし氏の選挙応援をしたことは

市民の皆さんのご記憶に新しいかと思います。


『青年会議所運動と選挙運動』 というものを読んでみると以下のように記載されています。

1.各地会員会議所は組織として特定の政党、政治家および候補者の支持、応援、選挙運動などを行ってはならない。

2.会員中よりの立候補は、青年会議所会員であることを特に強調するなど、あたかも青年会議所を代表するもので

  あるかのごとき印象を与えるような表示または言動は避けなければならない。

3.会員が選挙の応援を行うに当たって、青年会議所会員であることを特に強調したり、青年会議所推薦などあたかも

  実質的には青年会議所が選挙応援をしているかのごとき印象を与える表示言動は避けなければならない。


ざっと、このような決まりがあるようですが、実際に行っていたのは、青年会議所が丸抱えの選挙運動でした。

この経験から 「言行不一致」 な団体が係わる公開討論会には不参加との方針を後援会事務所で決定をしております。

また私は議会でたびたび 『常総元気塾の補助金不正使用の問題』 を追及してきましたが

この常総元気塾の発起人は神達たけし氏であり、その常総元気塾のメンバーの大半が

水海道青年会議所のメンバーでした。

このような経緯から、青年会議所のメンバーが係わっている討論会への参加は遠慮させて

いただいたというのが本当のところです。

今回表向きは、べつの団体の主催となってはおりますが、実質、各地域の青年会議所のメンバーが

係わっている討論会ですので、過去に事務所で決定をした方針のとおり、不参加とさせていただきました。

ただ、一言申し添えさせて頂くならば、事務所に企画書を届けてくださった

現在の青年会議所の理事長さん、副理事長さんは、とても誠実な方でした。

青年会議所のメンバーも2010年頃とは代替わりをして、当時を知る方も少なくなっていることでしょう。

討論会は別として、今後は多くの機会で、常総再生のために協力して頂ける方々だと思っています。

ジャンル:
その他
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後の一般質問から(1) | トップ | 勉強会のお知らせ »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-06-20 08:57:20
討論会を開催するのは「2016年常総市長選挙公開討論会実行委員会」で、企画書を持って来たのは「青年会議所」なのですか?
そうだとしたら、随分とお粗末な運営体制ですね。
Unknown (Unknown)
2016-06-20 13:39:38
全く正論だと思います。
Unknown (Unknown)
2016-06-20 14:48:52
もったいないですよ。
どんな不利な場面でも市民への本当の想いがあれば伝わるはず。
どんな組織がこういう場を作っているのは市民には関係ありません。
市民の立場からすればいろんな候補者の話が聞ける最高の機会なのでは?
Unknown (正論支持者)
2016-06-20 15:14:59
発起人名簿に掲載されているメンバーが、ほとんど青年会議所のメンバーであることが明白になっています。
http://office-aoba01.seesaa.net/article/439031541.html

青年会議所OBが立候補しているのですから、公平性が担保されないという判断は、当然のことと思います。
Unknown (一般市民)
2016-06-21 00:55:08
「どんな組織がこういう場を作っているのかは市民には関係ありません。」
と書いている方がいるが、正気で言っているのかな?
選挙公開討論会には、コーディネーターの裁量が認められているので、コーディネーターが第三者であるということが担保されないと、一般市民には不利益になることを知ってほしいですね。
Unknown (鬼怒川太公望 )
2016-06-21 07:35:01
不参加は当然だと思います。
前回の討論会は全くのアウエィの様相がふんぷんとしていました。
特に司会者は、何か思惑ありげなか異様な雰囲気を醸していて、不快な男だと思っていましたが案の定の人物でした。今の青年会議所のことは知りませんが、しかるに過去に青年会議所がどのような不祥事を起こし責任も放り投げ説明釈明すらせず「市政一新」を掲げた似非公約市長と「密約解決」をしてしまい、いまだにその総括もできてはおりません。

水海道青年会議所が、他地区の青年会議所くらいの資質になっていれば考えも変わりますが、いかがなもんでしょうかね。

肝心なことは常総市にはヒーローが不在なのです、ヒーローが生まれ育たない土壌と気風が蔓延しているからです。
役立たずの男ばかりしかいないのでは次なる手立てはヒロインを育てる以外にはないでしょう、今がその時ではないでしょうか。

思い通りの道を行くことです、自分の考えを愚者からの讒言で方向転換すると、必ずしくじり禍根を残すことになります。

後悔をせぬためにも、自分の思い通りを貫いてください。
多くの利権絡みの愚人の支持よりも、まじめで良心的な識者の支持の方が真の政治かとしての本望ではないでしょうか。
Unknown (Unknown)
2016-06-21 11:47:29
公開討論会の場で、堂々と、この出席しない理由を述べて、立ち去るくらいはできたのではないでしょうか?
Unknown (Unknown)
2016-06-21 21:54:15
戦いに撃ってでる行動に敬意を表します
しかし残念ながら、今の御時世、政治家が幾ら頑張っても抗っても結局は現状を変えていくのは、市民一人、一人の思いの集約が大切かと存じます
Unknown (乙でした)
2016-06-22 09:09:39
遠藤さん連日お疲れさまです。
昨夜の討論会、100数十名ほどの小規模
討論会でした。

遠藤さんがでれば、かなりの数が集まって
しまうので、出なくて正解!!

100名の市民を相手に話を聞いてもらうんじゃなくて、その時間に別な意義ある活動をしてくれてよかった。

頑張ってくださいね。応援しています。
討論会の真の開催目的は? (市民A)
2016-06-22 12:13:57
昨夜の討論会に集まった正確な人数は140名との事で、小規模討論会のようでした。

有権者が集まってくれない事に関して主催者側の反省点も多々あることでしょう。

この種の討論会で一番大切なことは、公平性の担保であろう。公平性に問題を感じる場合には、参画しない、傍聴しない事が良い選択と思う。

立候補予定者が、このような討論会に参画しなくとも、選挙戦に突入すればミニ街頭演説などもでき、有権者に政策を伝える手段はいくらでもあります。

不参加の選択があたかも良くないようなコメントも見られますが、私はこのコメントには賛同したくない。

このブログにも、選挙が間近になると異種のコメントや意図が解らぬ書き込みが多くなるようで困ったものです。

訳のわからぬコメントが舞い込んで来た時は、愛読者の気分を害しますので、アップを制限すべきでしょう。






コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。