フミネコの山登り奮闘記

本当は山野草の写真を撮りたくて山へ行くようになったのに
いつ頃からだろうか? 山の魅力にハマリ、山が目的になってきた。

スズラン観に入笠山・・・山頂駅からの山歩き

2017年06月18日 | 長野の山

入笠山 1955m

2017年6月17日 晴れ

中央自動車道「諏訪南IC」から富士見パノラマリゾートへ。

パノラマリゾート駐車場を利用し、ゴンドラで山頂駅迄。

場所はこのあたり。

山頂駅広場から八ヶ岳の眺め。

まずは、入笠湿原目指し歩きだす。

ゲートを越えると入笠湿原の入口。

スズランの群生地として有名な湿原だが、さてスズランは?

 満開とまではいかないが、可憐な花があちらこちらに咲いていた。(スズランは入口付近に多かった。)

山彦荘前のベンチで、歩いて来た道を振り返る。

山彦荘前に花壇には、ホテイアツモリソウ、キバナアツモリソウが植えられていた。

一息入ついたので、入笠山山頂に向けて再び歩きだす。

鈴をザックにセットしとこ。念のために。

ここは、迂回コースかな。

あと少し。

山頂に到着。

二等三角点のアップ。

山頂からは、日本百名山が34座確認できるというが・・・(山頂からの眺め。)

富士山のアップ。

眺めもしっかり堪能したので、帰りは岩場コースから。

あの電波塔のところまで、もどるんだな。

お花畑を経由し、入笠湿原まで戻る。

ここにも、スズランがちらほらと咲いていた。

ツマトリソウはそこらじゅうに咲いていた。

入笠湿原からは、自然遊歩道を経由し山頂駅広場へ向かう。

スダヤクシュ。

マイズルソウ。(コンペイトウ見たいな花)

途中の山野草公園(?)には、クマガイソウ、ホテイアツモリソウ、キバナアツモリソウ等が栽培(?)

されていた。

エンレンソウ(枯れかけ)

時間に余裕があったので、八ヶ岳展望台迄歩いてみることに。

アマドコロ

恋人の聖地といわれる、八ヶ岳展望台に到着。

ここからの眺め。

山頂駅へ戻る途中、ゴンドラを撮影!

人が多く渋滞するところもあったが、そこは人気の山ですからね。

 

 

 

 

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帝釈山山開き | トップ | レンゲツツジの群生地 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。