ギャラリーと図書室の一隅で

読んで、観て、聴いて、書く。游文舎企画委員の日々の雑感や読書ノート。

ベルリン・ドレスデン・プラハ紀行(1)

2017年07月23日 | 旅行
7月中旬、ベルリン、ドレスデン、プラハを訪れた。まもなくベルリン在住の多和田葉子さんの講演会があるが、今回の旅行は講演会が決まる前から予定していたものだ。もっとも旅行会社のツアーでお定まりのコース。各都市一日半程度だから、せっかく『百年の散歩』を読んだけれど“そぞろ歩き”などできそうにない。
それでも、宿泊場所がベルリンきっての大通りウンター・デン・リンデンと交差するフリードリッヒ通りということもあって、早朝電車で出かけてみた。ドイツの公共交通は電車、地下鉄、バスなど共通で2時間2,8ユーロというものがある。目指すはZOO駅。多和田さんの著書『雪の練習生』のシロクマ、クヌートが生まれ育った動物園のあるところだ。

Zoo駅前
ベルリン中央駅、ティーアガルテン駅と、いちいち降りてみる。便利な切符である。そこで思い出す。ティーアガルテンとは、ヴァルター・ベンヤミンの生地近く、幼少の記憶の温床ではなかったか、と。
ベンヤミンは1932年から35年にかけて回想風の『1900年頃のベルリンの幼年時代』を書いている。想起されるままに、風景や過ぎ去った事象や家族の記憶の、細やかな断片からイメージをふくらませ、思考を深めていく。百年近くを隔てて、多和田さんもまた、ベルリンの町を自分の目で、予見なく歩き、見るもの、聞くもの、風景や人々の中から、時間を掘り起こし、物語を紡ぎ出していったのではなかったか。そう『百年の散歩』は、ベンヤミンへのオマージュなのだ。
それにしてもティーアガルテンは広い。その後の観光で各所を回ったのだがずっと縁辺にいたり、時には庭園内を横切ったりしたのだった。ティーアとは獣、動物のこと。かつて王侯の狩猟場だったところだ。手入れの行き届いた庭には、今も大木が茂り、小動物が行き交う。一方で様々な記念碑もある。少年のベンヤミンにとって、どんなに豊かな想像や空想を育んでくれたことだろう。
ところでベルリンのベルとは、ベアー、つまり熊のこと。ティーアガルテン、ツォーと続く駅名に、大都会の真ん中であることをつい忘れてしまう。
ベンヤミン没後も、ティーアガルテンは様々な歴史を刻んでいる。第二次世界大戦中には、T4作戦(ナチスの優生学に基づく安楽死政策)が行われた。さらに公園内には1953年東ベルリン暴動を記憶する「6月17日通り」が通っている。

シンティ・ロマの慰霊碑
そして2012年、シンティ・ロマの慰霊碑が作られた。(2008年には同性愛者の犠牲者の慰霊碑が作られている。)ホロコーストによるユダヤ人の犠牲に比べ、シンティ・ロマについてはあまり知られていない。ユダヤ人と違って、国家を持たないシンティ・ロマは補償も遅れた。イスラエルの彫刻家、ダニ・カラヴァンの制作による慰霊碑は、塔や石柱ではなく平らな石と池で、威圧感がなく静かに公園に溶け込んでいた。(霜田)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 主役はベルリン、多言語作家... | トップ | ベルリン・ドレスデン・プラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。