野に還る

ペンタックスをザックに
野山に花や鳥、虫たちを追う。
身を土に返すまでのほんの一時
さあ野遊びの時間の始まりだ。

薬師池のハナショウブ

2017-06-15 20:30:14 | 散歩

 6月を代表する花には紫陽花ともう一つ花菖蒲がある。いずれも青系統を主とした花で

どちらもしっとりと降る日本の梅雨風景にふさわしい花だ。

 町田の薬師池にはなだらかな傾斜を持った雅趣豊かな菖蒲田がある。

 

 

古びた納屋には水車も配され、往時の里山の暮らしを再現している。

 

花菖蒲が見ごろを迎えたということで、この日もたくさんの人が訪れていた。

 

 花しょうぶには江戸系、伊勢系、肥後系の三大品種がある。

これは江戸系の「古稀の色」

 

同じく江戸系の「千歳」

 

 山形県長井市に伝わる長井古種のハナショウブ「鷹の爪」は

変った咲き方「爪咲き」をする珍しい花菖蒲。

 

  枯れた花を間引いている花摘み娘が情緒を添えてくれる。

 

 なだらかな傾斜によって花菖蒲はいっそう美しさを増しているようだ

 

 伊勢系の「燭光」、すっきりとした潔さが魅力のハナショウブ

 

 同じ伊勢系の「藤袴」

 

 これは雑種系といわれ、キショウブとの交配によって生まれた「花月夜」

という品種。アジサイにはない、黄色のハナショウブを作り出した。

 

 

 

 江戸系の「鶴鵲楼」(かくじゃくろう)

 

 美しいピンク色の「初衣」

 

モミジと東屋と菖蒲田がいいバランスだ。

 

 

梅雨時の鬱陶しさを忘れさせる、さっぱりとした色合いの「水の光」は江戸系の花

 

 

 

 とりあえずはこの辺で。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八仙花 | トップ | 北山公園のハナショウブ »
最近の画像もっと見る

散歩」カテゴリの最新記事