フルタウェブログ

フルタイム・レコードがお送りする、
フルタのドキュメンタリー及び、
ミステイク5インフォメーション!!

最新BIGニュース

2017 M5 ライブ・オペレーション

4/28(fri) 新宿マーブル
コードネーム:OVERCOME

[act]
フルタヒロアキ&ザ・ミステイク5/
Arca/
and more /

OPEN 18:30/START 18:45
ADV.¥2,000/DOOR.¥2,500
高校生学割 ¥900(D別/要学生証)

コチラのM5チケット予約フォームからも予約可能!!

(ミステイク5所属エージェント)

Vo:フルタヒロアキ(M5:07)
Gu:けん(M5:04)
Ba:たかーき(M5:08)
key:ミチオ(M5:06)
Dr:ハヤト(M5:01代理)

............................

最新リリース情報!!




2016年8月

フルタヒロアキ&ザ・ミステイク5
1stアルバム「FIVE BROADCAST」


は、

(Remix & Remaster) + 2BONUS DEMO TRACKS

として生まれ変わり、
3種類のジャケットで新発売されます。

(どれを購入しても3種類ともパッケージされてます)



これは、昨年(2015年8月)リリースした
リミックス盤(Production Model) のサウンドを
さらにパワーアップさせ、
尚且つ未発表のハローグッバイ(新型)、
Planet BurninのDEMO TRACKS 2曲を加え
リニューアルさせたモノです。

通常価格 ¥2500(税込)で、
ライブ会場及び通信販売にて入手可能ですが、

またしても、「FIVE BROADCAST」を
1度でも購入した事がある方は¥1000で販売します。
ライブ会場物販席で、気軽にお声かけ下さい。

(通販でのご購入方法)

最寄りの郵便局にて、
備え付けの青字の払込取扱票の通信欄に、
必要事項をご記入の上、下記口座へ送金して下さい。

・口座番号 00100-4-378089
・加入者名(口座名称) フルタイム・レコード

※以前「FIVE BROADCAST」を
1度でもご購入された事がある方が、
通販で今回の(Remix & Remaster) + 2BONUS DEMO TRACKSを
希望される場合、送料込みで、1枚につき¥1000
よって2枚は¥2000、3枚は¥3000で販売いたします。

お申込み後、伝票で購入歴を確認させて頂き、
リミックス版を郵送いたします。

(通信欄必要記入事項)

1.住所
2.氏名
3.ご希望商品と枚数


例:
(新規購入の場合の例:FIVE BROADCAST 1枚)

(既に購入済でリマスター版を希望の場合の例:リマスター版 1枚)

4.代金×枚数+送料(¥500)=合計金額

例:

(新規購入の場合の例:¥2500×1枚+送料(¥500)=¥3000)

※(送料) 何枚でも一律¥500

(既に購入済でリマスター版を希望の場合の例:送料込みで、1枚につき¥1000
よって2枚は¥2000、3枚は¥3000となります)

(注意事項)

・お申込後、発送までに10日前後の所要日数を頂くことになります。
・お申込後のキャンセルは、お受け致しかねます。
・お申し込みに不備があった場合、
返金手数料を差し引いての返金とさせて頂きますので、
不備無き様ご確認の上、お申し込み頂きますようお願い致します。

フルタへのメッセージや問合せはコ・チ・ラ

LAD IN SHUFUL

2006年04月28日 | Weblog
先日ラママのイベント
LAD IN SHUFULに出演させてもらい、
沢田研二師匠在籍再結成タイガースの
「色つきの女でいてくれよ」を歌うことになった。

人前で歌を歌うという行為に及ぶ場合、
しかも美しいクリーンハイトーンボイスの
加橋かつみ氏のパートを歌うという事で、
ぶっつけでやれる自信は皆無のため、
やはり練習が必要であろうと思われ、
しかし、いつもの森でこの歌を歌う勇気もなく、
近所のカラオケ屋に行く事にした。

1時間ばかし予約を入れ、
隣部屋では若人(わこうど)が大勢で、
大塚愛、レミオロメン、等の最新ヒットを連発する中、
こちらは一人で、
「色つきの女でいてくれよ」を連続で歌ってみたりした。

サビはリピートで何度も出てくるので
Aメロ練習の為、2コーラス目Aメロ終了時点で
演奏停止させたりなどの工夫を凝らしつつ、
連続回数は8回にも及んだ。

途中全然関係無い
RADIO HEADの「creep」や、
どういう選択基準か全く分からないが、
安全地帯の「ワインレッドの心」や、
なんとなくシメで、
越路吹雪の「サン・トワ・マミー」等を
交えてみたりもした。

大トリで、小坂明子の「あなた」を用意していたが、
残念ながら、そこでタイムアップとなった。

そんな猛練習で臨んだのだが、
本番は1曲のみの為「アッ」という間に終わってしまい、
果たして練習の成果はあったのだろうか???

まぁ、
なんだかわかんないけど、
非常に楽しかったので、
それで良しってコトにしといたろ。。

関係各位へ、
お誘い頂き、ありがとうございました。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ラママ06.3.30

2006年04月06日 | Weblog

先日のHFM(春のフルタ祭り)in ラママでの興奮冷めやらぬ、
本日は自宅からお送りします。

アンケートやメールでの、
皆様より寄せられる賛辞の数々に酔いしれ、
いい気になっております。

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくいですが、
ライブは楽しかったのではないでしょうか?

プログラムを消化している最中は、
己を律する(かっこ良く言うとセルフコントロールする)コトに、
終始気を配らないと、性格上あらぬ方向に進みかねない為、
大人な対処でもって事に当たっております。
例え、あんな支離滅裂なMCのくせにと思われたとしても、
最近の私は実は意外にも冷静なのであります。
いえ、多分、きっと・・・・

なので、ライブ中楽しかったか??と聞かれると、
まぁ楽しいと言えば楽しいのですが、
ほんのわずかな自己陶酔でもって、
上記のような事を行っておる為、
楽しいというよりはむしろ、
遂行している感が強いように思えます。

ライブ等といういわば興奮状態に身を置きながら、
自己へ課したミッションを、
的確にコンプリートするコトに喜びを感じるような、
SだかMだか良くわからない、
こんなワタシに誰がしたのでしょうか??

しかし、それはそれで良いコトだと思われます。
何故なら私は、
恩を着せるつもりもなく、打算を働かせてるワケでもなく、
ホントの事を申し上げると途端にウソっぽくなりますが、
来て下さる皆様の為にライブを行う姿勢でありたいと願うからであります。

なので、なんだかライブ中より、
思い返していわゆる浸っている今現在のこのような時間の方が、
むしろ楽しいような気がします。

あぁ~、しかし、楽しかったなぁ~~~~、
というような具合です。。

あがたさんとも共演(というより、あがたさんの時の私は、
完全に、いちオーディエンスとして機能してましたが・・・・)
させて頂き、良い思い出になりました。

すべての皆様へ、ありがとうございました。
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加