ほんとうにほんとうのことだけ

ああでもないこうでもないとアタマやムネの裡をぽろぽろとこぼしたりこぼれ落ちたり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『魔笛』

2007-07-14 16:10:05 | 映画ほか
舞台を神話の世界から第一次世界大戦前夜に移したケネス・ブラナー版『魔笛』。

オペラ初心者で、なおかつケネス・ブラナーが好きではない私。
でも。
これが、面白かったんだなぁ。
オペラは舞台芸術で、その舞台芸術のよさと映画のよさを混ぜ合わせていてよかったと思う。
場面転換や物語の舞台の奥行きなどは映画の手法でより豊かになっているように感じたし、しちめんどくさい感情表現は表情やカメラ割りよりもさくっと歌に乗せるところとか面白いと思った。

こんな風にオペラが楽しく見られるとうれしい。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風にも怯まないファンの気持ち | トップ | これから花が咲くかしら? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
よろしくお願いします (日記)
はじめまして。超初心者ですが これからたくさん楽しみたいです
「魔笛」 (或る日の出来事)
あ、モーツァルトのオペラだ!というだけの知識で即、買ってました、前売券。 いえ、とくにオペラ・ファンというわけではないのですが、ましてや、モーツァルト好きということもなく…。 ただ、オペラは嫌いではありま