ミジンコのうた

せいいっぱい生きて
たからかに歌う

原点に戻る

2017-03-13 07:50:42 | 雑感
週末に、たまたま私が大学生の頃に住んでいた街に立ち寄る機会があった。
時間があったので、私が住んでいた家を見に行ってみた。

当時は新しかったけれど、もう20年以上が経っている。
きっと私の記憶よりずっと古びているだろうなと想像した。

坂を上って、角から2番目。
私が住んでいた家があった。
今は別の家族が住んでいるが、手入れが行き届いているためか、
見た目は20年前とほとんど変わらなかった。

記憶のままの、綺麗な家でいてくれたのは驚きであり、嬉しかった。

付近を歩いていると、昔、よく行ったレストランを見つけた。
懐かしくなって、中に入ってお食事をした。
「このお店に来たのは20年ぶりなんですよ」と言うと、
お店の人は驚いていた。

20年経った街は、変わったところもあり、昔のままのところもあった。
私は自然と、大学生のころの自分を思い出していた。
進路を選択する前の自分。分岐する前の自分。
私は原点に戻ったんだ、そう感じた。

ここからもう一度、新しい道を歩んで行こう。
今日、そのために、私はこの街に来たんだ。

懐かしい風景に、そっと背中を押された気がした。



にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笑顔の店員さん | トップ | 勉強は山登り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cfernonnon)
2017-03-14 18:05:35
こんばんは。

今はなかなかできないんですが、関西にいた頃、昔住んでいたアパートを訪ねてみることがありました。

たぶんもう、今は無いと思うんです。
古いアルバムの中でしか出会えない場所だなぁと。

でもそういうところがあるって、、、いいですよね。
エネルギー、パワーを与えてくれる気がします。
原点に戻るって大事ですね♪

cfernonnonさんへ (さなぎ)
2017-03-15 12:17:49
cfernonnonさん、こんにちは!
コメント、ありがとうございます!

私は引っ越しが多かったので、「昔住んでいた家」が複数あります。そして、これらの家を再訪したことが何度かあります。

昔の家が、そのまま残っていると、嬉しいです。記憶の中でしか出会えない場所というのも、切ないですがいいですね。

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。