トレーダーへの道

トレードに関する情報、解析などの記録をライブラリーの様にするための日々のたわごと
(FBより経済系はこちらへ)

先週の振り返り

2017-06-18 22:07:17 | 振り返り
記録

先週の振り返り 

やはり FOMC 前後で 大きく相場が動いたかと思う
あとは、イングランド銀行金融政策委員会(MPC)議事録公表で
利上げの票が増えた事でポンド上昇
さらに インフレ率も想定マージンオーバーになった事もあり
ポンドは買われやすい地合いに ただ
金曜日からはドル売り方向に流れが出来たようにも見える

米利上げがあったにも関わらず 米株は堅調に見える

イエレンさん 今までの慎重路線とは違う感じがしている
昨年はいい数字が続いても あれを待つだ これを待つだと
色々と言っていたが 今年は トランプ氏に首だと言われた
事もあるのか とっとと利上げしてしまえという感じに見えなくもないが

利上げはもうすでに市場に織り込んであったので
これから先 利上げするのか しないのか など先のネタで
相場が動いていく気もする。



来週の主な指標
6/19(月)
08:01 英6月ライトムーブ住宅価格

6/20(火)
10:30 豪1-3月期住宅価格指数
10:30 豪準備銀行(RBA)金融政策決定理事会議事録、公表(6月6日開催分)
17:00 ユーロ圏4月経常収支(季調前)
21:30 加4月卸売売上高
21:30 米1-3月期経常収支

6/21(水)
08:50 日銀政策決定会合議事要旨(4月26-27日分)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数
23:00 米5月中古住宅販売件数
23:30 米週間原油在庫
翌6:00 RBNZオフィシャル・キャッシュレート発表

6/22(木)
21:30 米新規失業保険申請件数
21:30 加4月小売売上高
21:30 加4月小売売上高(除自動車)
23:00 ユーロ圏6月消費者信頼感・速報値
23:00 パウエルFRB理事、上院銀行委員会公聴会で証言
23:00 米5月景気先行指数

6/23(金)
17:00 ユーロ圏6月総合PMI・速報値 
17:00 ユーロ圏6月製造業PMI・速報値 
17:00 ユーロ圏6月サービス業PMI・速報値 
21:30 加5月消費者物価指数(前年比)
21:30 加5月消費者物価指数・コア(前年比)
22:45 米6月マークイット総合PMI・速報値
22:45 米6月マークイット製造業PMI・速報値 
22:45 米6月マークイットサービス業PMI・速報値 
23:00 米5月新築住宅販売件数



今週も細かい指標があり
静かに織り込んでいくタイミングかもしれない

円、米ドル、ユーロ、ポンド
隠れて カナダドル、キウイドルと言ったところか
ポンドは上にブレークしてくれればついて行くつもり


<CFTC 先物状況>
IMM日本円 6/13 大口、小口 -60,896枚 ショート減
大口は ショート減、ロング減 ポジション調整 継続という感触
欧州系、米系の 日本株の取り組みと ドル円の流れについては
先週は大きな相関があるとは言えなかった
FOMC等があったからかもしれないが
今週も細かく方向性については確認をして行きたい

JPYインデックスは 90.17で NY CLOSE 先週とあまり変わらずと言ったところ
50日移動、200日移動が近づいてきていている
まだこのあたりを漂いそう

ドルインデックスは 96.87で NY CLOSE ドル安に
チャートは下落方向に
週足でみても下落している 反転するチャートには見えないが
直近安値ターゲットは95近辺へ向かうのかもしれないが
50日移動に戻りつつも下落なのかもしれない
短期的には一度 戻しがあっても良さげだが…


米10年債 6/13 大口、小口 116,293枚 いきなり先週の倍を積んで来た
金利は上がらないわけだ
2週間前に戻った これだけ動かれるとトレンドがあるのかないのか
分からない このまま 金利が下がる事になれば 米2年債の金利に
近づいて来る事も想定しておかないといけないかもしれない


外資系注文動向(外資系注文差し引き 万株)
2017-06-16 -1,150 
2017-06-15 -400 
2017-06-14 -110 
2017-06-13 +210 
2017-06-12 +170

売り越し 1280万株

FOMC後の金曜日の大きな売り越しはとても気になる動きだが
下落しても日銀が買うので底固い動きになりとは思うが
いつまで 日銀が続けられるのか
ポジションがパンパンになって さて それから
誰も語る事の出来ない事態になっていくのかもしれない

2017年6月第1週
アダム・スミス2世の経済解説から
http://stockbondcurrency.blog.fc2.com/

”6月第1週は「自己、個人、事法の買い越しvs投信、信託、海外の売り越し」”

メジャーSQをとりあえずこなし 想定したほどの動きもなく終わった感がある

それにしても日本株は売り買いが交錯してるので相場は一進一退感が強い
日銀が買いを入れていなければ 相当な下落に見舞われたのではないかと思えるが

相変わらず IPOは当たらない 宝くじ状態

ただ、ルネサスの株は少量ばかりだけ手に入れられた

ルネサスの株が上げていたのは 日産と日興のブロックトレードによるらしく
買い手に損をさせないように買い上げていた感満載

ルネサスは20日に手放せるが 9時と同時に売り込まれそうだが
早々に手放しておきたい


IMMユーロ 6/13 大口小口あわせて 89,928枚 ロング減
漂う感じだた 一度 売られて行きそうだ
フランスの選挙についてももう折り込まれているので
新ネタは時にあるわけでもない
ギリシャネタもそれなりに解決の方向に進んだし

やはり 英国の行方なのかもしれない

ユーロインデックスは111.97 大きな変化なし
なんだかんだで 週末には戻してきている
この傾向が続くなら インデックス見ながらのトレードがいいかもしれない


IMMポンド 6/13  大口小口あわせて-43,892 枚 ショート増
シュート目線だったが とりあえず様子見に変更 上げていく感触があるが
やるなら ポンド円のロングかもしれない 

ポンドインデックスは128.1とポンド高に
50日移動に再度 接近
このままゆっくりと上昇していく感触


IMM豪ドル 6/13 大口小口あわせて -6,525枚 ショート減
買い目線でいいと思える

IMMニュージーランドドル 6/6 大口小口あわせて2,3431枚 ロングに転換
買い目線 継続
オセアニア通貨は両通貨とも買い目線で推移しそう

IMMカナダドル 6/13 大口小口あわせて-98,093枚 ショート減
カナダドルは買い目線継続 あれだけショートを膨らませてしまったので
半分になるまでぐらいは調整すると思っている
ただ、原油次第もあるので すぐにどうになるでもないが ロング目線

原油の方は 6/13 大口小口 376,005 枚 ロング減
ロング参戦した 数回エントリーで利確できた
押したら買う姿勢で対応をしている 今 原油はロング持ち

NY金 6/13 大口小口あわせて203,611枚 ロング減
想定通り 下落 まだまだ下がるとは思うが いいころ合いで
ロング持ちする予定

NY銀 6/13 大口小口あわせて71,913 枚 ロング減
銀はロング目線でなくなった 更に調整をする感触

NY白金 6/13 大口小口あわせて20,154 枚 ロング減
白金は良くわからない

金ETF「SPDRゴールド・シェア」2017/06/15 853.68  トン
売られて来た 手に入れたドルはどこに行ったのか 
米債の購入に行ったという感触が強い

バルチック海運指数 851.00 先週より少しUP
まだ警戒


米国債は2年  1.315(DOWN)、10年  2.153(DOWN)(前週比)

USDCNY 6.8102 ん 動かして来た 何か意図があるのだと思うが…

ドイツ銀行株価
15.00  前週前比 DOWN

イタリア
モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行
売買停止 継続

米の利上げが予定通り実施され これからの動きは 想定を織り込んでいく動きになるが
どう動くのかよくわからないので 地道にチャートやファンダを確認しながら対応かと思う

その中でいい成績を収めているのが トルコリラのロング
31.5以下は買い目線でいいかと想定しているが
30円台に入れば 間違いなく 大きく ロングするつもり
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウルフ村田(村田美夏)さん... | トップ | 6月20日 想定レンジブレ... »

コメントを投稿

振り返り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL