野球小僧

「頂に立つ」というよりも、
「頂を目指して登っていきたい」。
ずっと上を目指して登っていきたい。

2016 中日ドラゴンズ 10大ニュース

2016年12月27日 00時15分00秒 | プロ野球

今年も10大ニュースの時期になりました。日本国内だけでも、多くのニュースがありました。

「熊本地震」「都知事に小池氏。築地市場の豊洲移転延期、五輪施設計画見直し」「リオ・オリンピック メダル41個」「天皇陛下 退位のご意向示唆」「米大統領が広島訪問」「ノーベル生理学・医学賞に大隅氏」「北海道新幹線 開業」「相模原 知的障害者福祉施設事件」「18歳選挙権施行」「ポケモンGO 日本配信」


海外に目を移しても、時代が大きく移り変わっていくようなニュースがありました。

「米大統領選でトランプ氏勝利」「英国民投票でEU離脱 過半数」「韓国・朴大統領、友人女性の国政介入疑惑で窮地に」「ノーベル文学賞にボブ・ディランさん」「パナマ文書公開で各国に波紋」「オバマ米大統領がキューバ訪問」「北朝鮮が初の水爆実験 実施発表」「ロシアの国主導でのドーピング認定」「ミャンマー新政権発足。スー・チー氏は事実上トップの国家顧問に就任」「キューバのカストロ前議長死去」

今年もプロ野球界は色々とありました。球界スキャンダルで暗い話題を抱えたまま開幕戦を迎えましたが、カープの躍進と大逆転のファイターズ、大谷翔平選手のインパクト、黒田博樹選手の男気などで吹き飛びました。

「神っている広島東洋カープのセ・リーグ制覇」「北海道日本ハム11.5差の逆転Vからの日本一」「大谷翔平の10勝&22発と日本最速の165km/hをマーク」「阪神タイガース4年ぶりのBクラス転落」「コリジョンルール導入」「中日ドラゴンズ・谷繁監督の途中休養」「東京ヤクルトスワローズ山田哲人の2年連続トリプルスリー達成」「横浜DeNAベイスターズ筒香2冠の覚醒」「読売ジャイアンツのオフの無駄な大型補強」「ソフトバンク2軍のV5達成」

そんな中、中日ドラゴンズの10大ニュースをまとめました。

<  ジャイアンツ戦カード勝ち越し >
中日ドラゴンズ 5-4 読売ジャイアンツ / 9月14日 ナゴヤドーム
ドラゴンズが粘りを見せてサヨナラ勝ちした。ジャイアンツ戦4試合を残して6年ぶりに対ジャイアンツシーズン勝ち越しを決めた。
8回に3点を勝ち越されましたが、その裏に新人阿部選手のソロホームラン、9回は沢村選手の乱調につけ込んでビシエド選手の押し出しデッドボール、阿部選手の犠牲フライで追いつきます。延長11回、高橋選手の2ベースを皮切りに2アウト満塁として、最後は大島選手がライトフェンス直撃打を放って勝負を決めました。
大島選手はお立ち台で「長い試合をしてすみません。(9回に)みんなでつないで、最後に決められたのでよかった。巨人には勝ち越せたけど、広島には散々やられている。このあと(16日)広島に行くので今年の借りを返してきたい」とファンの喝采を浴びていました。

< 小笠原初勝利 >
読売ジャイアンツ 3-5 中日ドラゴンズ /9月4日  東京ドーム
ドラゴンズのドラフト1位ルーキー、小笠原選手(18=東海大相模高)がプロ12試合目の登板で待望の初勝利を挙げました。ここまで白星なしの5敗。しかし、初登板となったジャイアンツ戦で昨夏甲子園優勝投手がついに勝ちました。
1回に坂本選手に2ランを浴びるなど、2回までに3失点。それでも3回以降は得点を与えず2安打無失点に抑え、7回127球を投げ降板し、10三振を奪う力投でした。すると8回表、それまでマイコラス選手の前に沈黙していた打線が一挙4点を奪い逆転し、小笠原選手に白星が付きました。
チームは今季初の6連勝。前日、森監督代行は「この(連勝の)流れに乗るのが理想。連敗で彼に(マウンドを)渡してきたから。珍しく勝ちが続いている。プレッシャーを感じないのか、余計感じるのか。普通の人間なのか、普通の人間じゃないのか、ゆっくり見させてもらいます」と話し期待して送り込んだマウンドでした。

< 期待の若手、近藤、井領が初アーチ >
阪神タイガース 8-1 中日ドラゴンズ / 8月14日 京セラドーム大阪
ドラゴンズ近藤ピッチングコーチの長男の近藤選手が、7回にプロ初ホームランを放ちました。1アウトランナー無し、岩崎選手のチェンジアップをレフトスタンドへ運びました。
ベンチに戻ってくると笑顔でハイタッチを交わし、「がむしゃらにいった感じです。チャンスをものにできるようにと思ってやってきたので」。7月14日に支配下選手登録され、8月2日に出場選手登録。16打席目で初アーチを披露しました。力強い打撃が売りですが、大振りになり結果が出ないこともありました。今春、インフルエンザで二軍キャンプ調整となった荒木選手に「それじゃ速球が打てないぞ」と指摘され、近藤選手は「それからコンパクトに、試合につながるスイングを心がけてきた」と振り返ってました
この日、スタメンが若手中心に変わり、森監督代行は「ヒットも出ている。近藤にはホームランが出た。(若手選手に)もう一押し、もう1つ頑張ってくれというところ」と期待しました。

読売ジャイアンツ 5-1 中日ドラゴンズ / 9月27日 東京ドーム
井領選手がプロ初アーチを記録しました。0-1の4回2アウトからマイコラス選手の高めに浮いた147km/hにバットをかぶせ、ライトスタンド中段に運びました。プロ初打点でもありました。イニング間に「プロ第1号」のアナウンスがあると、敵地のジャイアンツファンからも拍手が起きました。「1打席目に全然タイミングがとれなかったので、早めに始動しようと思いました。打った感じはどうかなと思ったけど、ホームランになってよかったです」と話しました。

< ドラ1 柳・ドラ2 京田 獲得>
2016ドラフトで1位指名で柳選手(明治大)を競合の上で獲得、2位で京田選手(日本大)を獲得しました。柳選手は明治大と大学日本代表の主将で、即ローテ候補として期待、京田選手は大学日本代表で吉川選手(中京大・読売ジャイアンツ入団)を二塁手に追いやった三拍子揃った堅実な守備の持ち主です。


<  ユニフォーム配布デー ドーム大賑わい >
「昇竜」ユニフォームレプリカを4月22日、5月20日、7月3日、8月11日の4試合で観戦チケットを購入すると、もらえるというサービスデーがありました。この日ばかりは、ドームのチケットも完売と、大賑わいでした。
なお、私は千葉ロッテマリーンズのレプリカユニフォーム配布日にマリンスタジアムで試合観戦。

以下、は書面の都合で割愛です!!
< 谷繁監督シーズン途中で解任 >
< 80周年記念イヤーで最下位 >
< 又福 逆転負けコンビ健在 >
< サヨナラ負け回数トップ >
< 10勝投手なし >

『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2016 言葉で振り返る プロ野球 | トップ | 高校通算ホームラン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (eco坊主)
2016-12-27 05:13:29
おはようございます(*Ü*)ノ"☀

国内は「天皇陛下 退位のご意向示唆」
海外は「米大統領選でトランプ氏勝利」
この二つが私的にはtopでしょうか!
県内は「鳥取県中部地震」です。

竜の10大ニュースの一番目が< ジャイアンツ戦カード勝ち越し >ですか~

森新監督誕生は?
落合GM辞任は来年ニュースになるんですか?

来年は「竜 連続最下位 暗黒時代突入か!?」ですね( ´,_ゝ`)イヒ
eco坊主さん、こんばんは。 (まっくろくろすけ)
2016-12-27 21:17:03
>竜の10大ニュースの一番目が< ジャイアンツ戦カード勝ち越し >ですか~
それだけ話題があって、選択することが大変だったということです。お察しください。

森監督誕生はそれほどインパクトはなく、落合GMは既に静かに去っていきましたので・・・

来年は「竜 ぶっちぎりの完全優勝 黄金時代突入か!?」ですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む