頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

『炎上する君』西加奈子

2013-10-09 | books
こんな女と付き合いたい。どっぷりと付き合いたい。なんだったら結婚したい。と思う女はいるかね、君?芸能人ならやっぱり…(以下省略)作家なら西加奈子。イエス西加奈子。(いきなりのハイテンションですまん)

彼女の「こーゆうこと考えてる女ってええなー度」の高い短編集。

太陽という中華料理屋の上のアパートで暮らす3年ひきこもりの私が再始動する<太陽の上>、拾った携帯にやって来るメールに癒される<空を待つ>、作家山崎ナオコーラに嫉妬する作家志望の女の<甘い果実>、炎上する男を求める二人の女の<炎上する君>など計8編。

薦められなければ決して読まなかった。薦めてくれた人に感謝。あまり短編は読まないけれど、たまにこういう例外があったりする。

今日の一曲

収録されている一編のタイトルから、スガシカオで「あまい果実」



では、また。

LINK
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 『バッドタイム・ブルース』... | トップ | 『ブラッド・ブラザー』ジャ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
西加奈子「炎上する君」 (読書と映画とガーデニング)
角川書店 2010年4月 初版発行 198頁 短編集です 少し小川洋子さんを思わせるような不思議ワールド、そこに西さんの強い筆致で引っ張り込まれるような感じ 一番気に入ったのは表題作「炎上する君」 外見は全くいけていないけれど知的レベルが高く、確固...
「炎上する君」西加奈子 (りゅうちゃん別館)
西のエッセンスがよく出ている短編集。     「太陽の上」 中華料理屋「太陽」の上にあるアパート。 1階が料理屋、2階が「太陽」の夫婦。 そして3階の301には主人公の女性が住む。 彼女は、引きこもりで部屋から出ることなく暮らしていた。 料理屋の女将は...