病んでるやつ

病んでる日々の日記。良いことも書けるといいな。

土日あけての出勤

2017-03-13 08:01:49 | 日記
2017.3.13

今日は雨が降っている。

せめて晴れてくれれば、気持ちも少しは晴れるのだが。

昨夜は眠りが浅くて、寝たような気がしない。
身体に力が入り、リラックスすることができなかった。

今朝は起きた瞬間から、怖い、という感覚が襲って来て、手足が震えた。

仕事に行くのが怖い、と、今の職場に来てから初めて思った。

私は、素直に「仕事に行くのが怖い」と彼に伝えた。
彼は、
「仕事は17時までの暇つぶし」
「がんばれ、適当に!」
「帰って来たら、いくらでも愚痴聞いてやるけん!」
と笑顔で言ってくれた。

母も、心配して電話をかけてくれた。
母は、
「不安な時は、神様委ねます、神様委ねます、と祈りなさい」
「今は、神様に委ねることができるように、訓練を受けてるんだよ」
と言った。
そしてまた、私が何故高校生の時に洗礼を受けたのか不思議に思っていたが、その頃からあなたはきつかったんだね、お母さん、気付かなかった。というようなことを言っていた。

私は、小学生の頃からしんどさはあり、中学校の3年間は特に苦しかったことを初めて伝えた。
母は、優しく受け止めてくれた。

中学生の頃は、毎朝腹痛に見舞われていた。
今朝、久しぶりに朝におなかをくだした。
私は今の職場に来て1年の間、1度も「辞めたい」と思ったことが無かった。
今も、辞めたいとは思わないが、仕事ではストレスを感じていないと思っていたのは、自分を守る為の感覚麻痺だったのかもしれないと思った。

私の仕事は厳しい仕事だと思う。
でも、職場の人間関係に助けられて、楽しくやってくることが出来ていた。
恵まれた職場だと思う。

先月から馬鹿みたいに忙しくなり、今月末の異動までに全てを終わらせなければならない、というプレッシャーと、難しい仕事を上司たちが助けてくれず、私1人に任されていたことも、ストレスになっていたのかもしれない。

職場でも、業務の分担などについて相談できるところは相談し、出来なさそうなことはきちんと伝えることにしよう。

そろそろ電車が着く。
適当に、暇つぶしをしてこよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少し落ち着いて | トップ | 昼休みのひと時 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。