ふくちゃんの絵日記

バイク等での旅行記や、日常生活で感じたことを、絵(写真)に描けるものは描き(添付)絵日記風にしたいと思います。

今日は”やま仕事”

2017年01月04日 | 日記
 正月も明けた今日・4日、ツリーハウス造りへの、お誘いがあった。
 待ち望んでいた事である。
 先の日記(「今年最後の・・・だって!(2016.12.25)」)で”検証”した結果から、報告します。
 その1、山からの部材は持ち帰る事は、可能である。
 但し、山道(徒歩)での、運搬車(無限軌道式)の運転技術があっての”成せる業”である。
 その2、自然材の木組み加工は、(プロではないが)可能であった。
 今日・木組み加工を終えた、部材を現地に再搬送した。
 と!云う事で、自宅での木組み加工、そして部材の”往復搬送”は、可能であることが立証出来た。
 今日の実施工程は、以下のとおりである。(写真・左より1から6)
     
 ①二本の(間伐材)伐採(写真:1)と檜皮処理
 ②基礎となる部材の作成(写真:2・3)と、取付(写真:4)
  写真:2は、立木の径に合わせ、チェンソーで、カット加工した様子。
  写真:3は、二本の部材に、長ネジを貫通させる穴あけ作業中の様子。 簡単そうだけど難しいよ!
  写真:4は、ステージ1、及び・林業用梯子を足場に、ステージ2用の基礎部材を取り付ける。
     久し振りの”胴綱”を装着しての、高所作業である。
 ③横通し材の設置(写真:5)
  檜皮処理処理された”柱”を、基礎部材まで引き上げる。
  ダブル滑車での引き上げであるが、檜材は乾燥していないから重たい。
 今日時点での、進捗状況が、写真:6である。
 進捗率6%程度であろうか・・・?
 しかし”カタチ”が観られる様に、成ってきた。
 出来高が、目に見える様に成って来たのである。
 耐力柱を、二本立てた。
 「立木(生木)の離隔から、途中に重力を分散・支える立ち柱で補完した」と、オーナーさん・・!
 入念な設計思想である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 初夢・・・? | トップ | 今日のこの気分は・・? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。