ふくちゃんの絵日記

バイク等での旅行記や、日常生活で感じたことを、絵(写真)に描けるものは描き(添付)絵日記風にしたいと思います。

”好くん”行って来たよ!

2017年06月13日 | 日記
 好くんとは、甥である。
 過日、所有していた「サイクリング用の自転車」二台を、修理のため兄の診断を受けた。
 タイヤ・チューブを取替の必要(前後で数万円を要するらしい)とのこと。
 兄(実兄)曰く「新車にせぇ!」と云う評価であった。
 「そうしようかな!?」との思いに、追い打ちを掛けたのが、甥の「おっちゃん・しまなみ(海道)行こう!」
 そして、甥の伴侶(Hちゃん)の自転車を、在庫(中古車)の中から、Hちゃんと共に選んだ。
 「本気や!」と思った。
 必然的に、私も購入を決断した。
 何故なら!自転車が無ければ、連れて行ってもらえない。
 その後の経緯については、日記「今日は10月も29日(2016.10.29)」に記している。
 前書きが永く成ったが、昨日(12日)8時15分、自宅を出発した。
 そして、10時15分・今治市にある、サイクリストの拠点「サンライズ糸山」を、尾道市に向け出立した。
 尾道市側からの出発もある。
 尾道側の拠点は、JR尾道駅前で、駐車場も専用ではない。
 一晩・置いて心配が無いのは「今治側」かな?と思って、今治を出発点とした。
 「道の駅・多々羅しまなみ海道公園」で昼食を摂る。
 15時30分頃、向島からフェリーで、尾道に到着する。
 今日の宿泊場所に電話し「場所は? チェックインは何時から?」を聴く。
 チェックインについては「お部屋の準備は整っております」と云う事で、宿泊場所(ホテル)に向かう。
 チェックインを済ませ、湯船に水を張り、足を冷やす(ケアする)
 汗を流したところで、ビールで無事に到達出来たことに「乾杯」する。
 このまま飲み続けると「明日(帰路)に支障が出る!」と、判断が働いた。
 尾道で有名なところ・・?「千光寺」に行こうと、徒歩で向かった。
 ロープウェイで・・・!と、思っていた。 
 ところが「千光寺」と云う道路標識に導かれ、JR山陽本線の踏切を横断する。
 階段が続く・・!
 下山する男性が居たので「まだ遠いですか?」と質問した。
 私の問い掛けが理解できなかった様である。
 日本人と思った・この人は邦人では無かった様である。
 参拝を終えて、夕食を頂く。
 生ビールと「尾道焼き(お好み焼き)」を頂いた。
 そして、今日(13日)、9時半頃・ホテルを出発する。
 フェリーで、向島へ渡る。 料金は人が100円・自転車は10円である。
 復路でもあり、行程の不安も和らいでいる。
 「寝るまでに帰れば良い!」との思いから、ユックリとした進行であった。
 16時半過ぎ、自動車を止めている「サンライズ糸山」に、無事に到着する事が出来た。
 19時前、全ての行程を終え、無事に帰宅を果たした。
   
 今日の絵日記の絵(写真)は、三枚である。
 写真・左:「(私が思う)サイクリング三種の神器」である。
       パンク修理さえ出来れば、何とか走行は出来る。
       予備のチューブに空気入れ・タイヤ外しの三点である。タイヤ外しは乾燥竹で造った。
 写真・中:多々羅大橋とバイク
 写真・右:千光寺から尾道市街を望む。 長崎に負けない位の「坂の街」である。
 しまなみ海道・140Km(往復)を、一泊二日で走破する事が出来ました。

 蛇足:書きたい(日記にしたい)事は、多々ある。 続編を書きたいと思っております。
 明日・明後日は、山行きのお誘いがある。
 従って、明日は、山(ツリーハウス造りのお手伝い)に行きます。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 何にも”ならない”裏の柿木 | トップ | 窓枠を設置・・ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。