ふくちゃんの絵日記

バイク等での旅行記や、日常生活で感じたことを、絵(写真)に描けるものは描き(添付)絵日記風にしたいと思います。

初夢・・・?

2017年01月03日 | 日記
 2017年の正月も三日。
 夢でも観たか?
 小原庄助さんと云う人が、破産した”ワケ”を唄った歌が頭に浮かんだ。
 民謡「会津磐梯山」の一節(合いの手)である。
 「小原庄助さん、何で身上潰した。朝寝朝酒朝湯が大好きで、それで身上潰した」と云うモノである。
 私がこの歌を知ったのは、60数年前になろうか・・?
 親父には、”友達”が多く居た。
 今、思い出しても、三人とは・極々・仲が良かった様であった。
 父の仕事が終わる頃を見計らって、やってくる。嫌な意味ではない。
 ”あ・うん”の呼吸であったのか、父の居る店を通って、奥(賄い方)に入る。
 母も心得たもので、お酒を沸かす(燗)。
 私にとっても日常的な風景であった。
 店仕舞いを終えた父も加わる。
 他人を交えた”晩酌”が始まる。
 類は類を呼び、人数が増える事も度々あった。
 酔狂で、歌が始まる。
 カラオケ等・無かった時代である。
 手拍子で答える。
 この様な場面で、聞いたのが、数ある中の”小原 庄助さん・・・”である。
 この、小原 庄助さんと云う人の最後は、如何様であったのだろうか・・・?
 この歌の終焉は、語られていない。
 私は、この歌の主人公である”小原 庄助”なるお人が、自分の執った行動(歌の内容)で、反省すること無く、終焉を迎えてほしいと思うのである。
 誰もが思う”贅沢”をしたのである。
 ”あの時、止めておけば好かった!”と、平凡に悔やんでほしくないのである。
 ”あぁ!やり切ったぜぇ!”
 と、思いたい。
 歌も、最後を語っていないので、罪なものである。
 正月から、悩ませる。
 酒というもの! 思いもしない事を、考えさせられる。
 酒好きなら、判ってもらえる・・・かなぁ!?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日は、2017年正月二日 | トップ | 今日は”やま仕事” »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。