フクヤマ画廊ブログ

フクヤマ画廊から日々のお知らせがメインですが、たまには画廊主の駄文を掲載いたします。末永くお付き合いくださいませ。

早いもので

2012-01-31 21:34:56 | 日記
<2012年2月1日>
13:00 - 17:00 営業いたします
※私、交換会出席のため終日留守にしておりますが、画廊はご覧いただけます
(午後1時~5時までですので、ご注意ください)


早いもので1月は今日で終わり、明日から2月です。
欧州危機もあり今年は厳しいと覚悟していますが、おかげさまで1月は思ったより
順調な手応えとなっています。

私のところはここ数年では2010年が一番悪く、昨年(2011年)は若干回復しました。
親しい同業者の方に聞いたら、そちらも同じだと言うことでした。

今の感じですと、今年は昨年(2011年)並くらいの数字は確保できそうです。
まあ数字も大事ですが、とにかく一点でも多く名品をご紹介したいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辻原登さん 「創造は、まねることから」

2012-01-30 21:22:55 | 美術展・美術番組
<2012年1月31日>
11:00 - 19:00 営業いたします


今日の日本経済新聞に「日経小説大賞」の選考委員3名の方の座談会が掲載されて
いました。
その中で辻原登さんが、私が今の現代美術作家に対して感じていることを実に的確に
仰っていらしたので、その部分を全文引用させていただきます。

 僕が学生に教えているのは、「書くな。読め」ということだ。読んで、読んで、
読んで、書くときはまねればいい。「君の中にオリジナリティーなど一つもない」
という。まずそこから出発しないといけない。今の若い人はみんな自分の中に
オリジナルなものがあると思い込んでいる。それは幻想だ。
 まずその幻想をぶち壊さないと。今の学生は本当に本を読まない。読まないと
何もつかめないのに、最初に自分のものがあると思い込んでいる。今の教育の悪い
ところだが、個人の中に大切な個性があると思い込んでいて、それを表現すれば
いいと思っている。本当は何もなくて空っぽであるということを思い知らせないと、
本当のクリエーティブな作業はできない。


仕事柄、若い作家さんと話をする機会も多いのですが、とにかく作品を見ていない
ことにビックリさせられることが多いのです。
日本画の学生さんが横山大観も知らない、若い作家がレンブラントも知らない・・・
そして何かにつけて「私 私 私 私 私 ・・・・・・」 そういう方の作品は自己満足だけで
何の感動も与えてくれません。

文学と美術、分野は違っても創造の出発点は同じなんだと、強く確信させてくれた
辻原さんのコメントでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の予定

2012-01-29 21:35:23 | 日記
<2012年1月30日>
休廊いたします
※明日は平日ですが、交換会出席のためお休みさせていただきます


今週のおおまかな予定をお知らせいたします。
(急な変更もございますので、ご注意下さい)

31日(火) 11:00 - 19:00
1日(水) 13:00 - 17:00
2日(木) 11:00 - 19:00
3日(金) 11:00 - 19:00
4日(土) 休廊
5日(日) 休廊

昨日はブログをお休みしてしまいました。
てっきりアップしたものと勘違いしておりました。
ごめんなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日、営業いたします

2012-01-27 23:34:47 | 日記
<2012年1月28日>
11:00 - 19:00 営業いたします


明日は土曜日ですが、営業いたします。
皆様のお越しをお待ちしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

docomoの障害

2012-01-26 21:11:20 | 日記
<2012年1月27日>
11:00 - 19:00 営業いたします
※私、11:45~14:00まで留守にいたしますが、画廊はご覧いただけます


昨日の午前中、親しくしている画廊主さんから電話があり、2回通話したのですが、
全く音声が聞き取れませんでした。
てっきり私の携帯の電波(ソフトバンクなもので・・・)が悪いのかと思いました。

すると夜のニュースで、docomoの携帯で大規模な通信障害が発生したということが
報じられ、ああ、これだったんだとわかりました。

今は皆さん日常的に仕事で使っているので、いざ障害が起こると本当に困りものです。
でも20年前なら携帯も無かったわけで、世の中の変化は本当に激しいものですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

150号アクリル装着

2012-01-25 22:34:16 | 日記
<2012年1月26日>
11:00 - 19:00 営業いたします


今日はお客様のところへ、額装された150号の絵画へのアクリル装着が出来上がった
ので、納品してまいりました。
お客様はずいぶん見栄えが良くなったととても喜んでおられました。

150号ですとハイエースでも運べず、私もどうしたものかと思いましたが、取引している
額屋さんの協力でスムーズに仕事が進みました。

当画廊では額装や修復のご相談も承っております。
皆さまも、こんなの無理かも? というご依頼でも、どうぞお気軽にご相談ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一体改革?

2012-01-24 21:34:47 | 政治と経済
<2012年1月25日>
11:00 - 19:00 営業いたします
※私、11:00~13:00まで留守にいたしますが、画廊はご覧いただけます


野田内閣は「一体改革」と称して、増税実行に異常に執着しています。
しかしこれ本当に ”一体”なんでしょうか?

”一体”というからには、増税だけでなく全体を改革することだと思うのですが、
公務員給与引き下げや国会議員の定数削減という全体から見れば些末なことにすら
四苦八苦しています。
数字を見れば両者の歳出削減効果は微々たるものです。

何と言っても膨れあがる年金と医療費の膨張に歯止めをかけなければ、一体改革と
呼ぶのは笑止千万です。
特に年金は過度の負担を若年層に強いて、世代間格差を拡大させています。

異常に執着すべきは、増税ではなく行き過ぎた既得権を是正する大胆な歳出カット
ではないでしょうか。
さほど基盤が強くないイタリアやギリシャの新内閣ですら、年金カットを断行して
います。
要はやる気の問題だと思うのですが・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首都直下地震

2012-01-23 21:27:06 | 日記
<2012年1月24日>
11:00 - 19:00 営業いたします
※私、11:00~13:00まで留守にいたしますが、画廊はご覧いただけます


東京大学地震研究所が、マグニチュード(M)7クラスの首都直下地震が今後4年以内
に発生する確率が、約70%に達する可能性があるとの試算を発表しました。
 → 読売新聞のニュース

うーん・・・ やはり日頃から災害に備えておかなければいけませんね。
さっそく私も、こういったことには用心深い妻にいろいろと指導してもらおうと思います。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の予定

2012-01-22 17:25:22 | 日記
<2012年1月23日>
11:00 - 19:00 営業いたします


今週のおおまかな予定をお知らせいたします。
(急な変更もございますので、ご注意下さい)

24日(火) 11:00 - 19:00
25日(水) 11:00 - 19:00
26日(木) 11:00 - 19:00
27日(金) 11:00 - 19:00
28日(土) 11:00 - 19:00
29日(日) 休廊
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福原愛さん おめでとう

2012-01-21 21:45:10 | 日記
<2012年1月22日>
休廊いたします


今日、全日本卓球選手権で福原愛選手が初優勝を飾りました。
おめでとうございます。

「えぇぇ? 初めての全日本優勝なの?」と意外に思われる方も多いかと思います。
裏を返せばそれだけ長期間第一線で活躍してきたからで、それは才能もさることながら
本人のたゆまぬ努力があったからこそで、最大限の敬意を表したいと思います。

そして相手となったライバルの石川佳純選手、いやー、美しくなられたのに驚きました。
美人になったとかそういうことではなく、最高レベルの土俵で戦う勝負師だけが放つこと
ができる凛とした美しさがありました。

ロンドンオリンピック、お二人の活躍に期待しましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピカソ 「少年は夢見る 女たちの!」

2012-01-20 17:50:22 | 日記
<2012年1月21日>
休廊いたします


本日はおすすめ作品をご紹介いたします。
お問い合わせは、私どものホームページをご覧ください。

※ご売約済 ありがとうございました



ピカソ ”347シリーズ”より 「少年は夢見る 女たちの!」
銅版画(アクアチント・ドライポイント)、1968年
495x410mm
右下マージンに鉛筆サイン、限定50部


こちらの作品も、1月6日のおすすめ作品で紹介したピカソ「銃士の横顔と槍の戦い」と同じ
”347シリーズ”の一点です。前回の作品から15日後の1968年6月22日に制作されています。

前回の作品がダイナミックな筆の筆致で描いたものでしたが、こちらは線の集積と言える
たいへん密度の濃い作品で、347シリーズの中でトップクラスの名品と言えるでしょう。

主題は題の通り、少年が美しい女たちを夢見てうっとりしている場面で、少年をピカソと
見れば、女たちは今までいっしょに暮らしたことのある女性たちでしょうか。
4人の女性は入念な筆致で見事に描き分けられています。

この347シリーズが制作された1960年代は、美術界は抽象・概念芸術やポップアートに
席巻され、高名な評論家から「ピカソはもはや欠くべからざる存在ではない。」とまで
酷評されることもありました。

この批判に対するピカソの答えがこの ”347シリーズ”とも言え、エロチシズムを主題とし、
制作面ではスクレイパーやビュランも使って手仕事感を出したこちらの作品は、その一つの
典型と言っても良いかと思います。

「芸術はもっと単純なもので何も難しく考えることはないんだ。少年の女の夢だけでこれだけ
芳醇な世界が描けるんだよ !!」
そんなピカソの声が聞こえてきそうです。


お問い合わせは、フクヤマ画廊まで
042-703-0002
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日は雪?

2012-01-19 22:42:28 | 日記
<2012年1月20日>
11:00 - 19:00 営業いたします


天気予報によると明日の関東は雨か雪、都内は雨かもしれませんが、ここ橋本は
雪となるでしょう。
雪の日は意外とじっくりと仕事ができるので、明日はおすすめ作品をアップしたい
と思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日は留守にいたします

2012-01-18 22:36:15 | 日記
<2012年1月19日>
13:00 - 17:00 営業いたします
※私、交換会出席のため終日留守にしておりますが、画廊はご覧いただけます
(午後1時~5時までですので、ご注意ください)


上記の通り明日私は留守にいたしますが、妻が画廊におりますので作品はご覧いただけます。
どうぞお気軽にお越しください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルターとクラナッハ

2012-01-17 22:17:54 | 美術展・美術番組
<2012年1月18日>
11:00 - 19:00 営業いたします


今日はBSジャパン・欧州美の浪漫紀行2「ルターを支えた画家」を見ました。
その画家とはドイツルネサンスの巨匠、ルーカス・クラナッハ、日本に2年ほど前に
来たこの少しグロテスクとも言える絵が、良く知られていますね。


「洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ」

さて私はルターとクラナッハがこれほど親しい関係とは知りませんでした。
ルター = 宗教改革 = 福音主義 = (教会)美術の排除 という単純な連鎖しか私の
頭になかったので、数多くのルターの肖像画を描き、現代の私たちのルターのイメージ
を作った画家とは想像もしませんでした。(画商としては恥ずかしい限りです。

ルターに端を発した宗教改革、言うまでもなくヨーロッパの歴史に大きな影響を与えた
わけですが、もちろんその影響は美術にも大きく及んでいます。
このテーマはあまりにも大きすぎてとても私には手に負えませんが、ヨーロッパでは
宗教が政治や社会だけではなく、芸術と密接に結びついていたことを如実に表している
と思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユーロ安

2012-01-16 21:46:15 | 日記
<2012年1月17日>
11:00 - 19:00 営業いたします
※私、11:45~13:30まで留守にいたしますが、画廊はご覧いただけます


ユーロ安が止まりません。
今日は約11年ぶりとなる、1ユーロ = 97円台前半をつけました。

今日は所属する組合の交換会に行って来たのですが、親しくしている東京の画廊さんが、
イタリアのボローニャで開催されるアートフェアに出展するが、ユーロ建ての価格が
高くなってしまうので売り上げに影響があるだろうとこぼしておりました。
海外のフェアはかなり経費がかかるので、本当に切実な心配です。

さて私のところからもその画廊さんに1点委託貸し出しすることになりました。
うまくアートフェアでお嫁入りが決まると良いのですが・・・・・








コメント
この記事をはてなブックマークに追加