花の音

はなのね整体師として。

2017年05月22日 | 日記

毎年この季節、娘が学校で行われる歯科健診の結果をもらってきます

 

 

今年も

「健康な人、特に異常はみつからず良い状態」

にマルがつけられていました

その結果を見てホッと安心する私です

 

 

 

なぜなら虫歯は歯磨きの不足が原因ではなく

血液の汚れ

すなわち食生活の結果として身体の生理的状態が引き起こしているからです

栄養不足はもちろんのこと

砂糖をはじめとする酸性過多の食事が口腔内の唾液を酸性化させ

虫歯ができやすい状態に陥らせます

皆さんご存知の通り 体は全てつながっていて

「歯」もまた然りなのです

生活を変えない限り虫歯は出来つづけるでしょう

 

 

娘は14才になりました

まだ虫歯は出来たことがありません

歯磨き粉すら使っておりません

この健診カードは私にとっての勲章なのです

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体の変化

2017年04月19日 | 日記

大事なのは、整体の後 温灸の後

体の変化をみることです。

 

 

施術を受ける前、後との

体温、便通、食欲、睡眠状態の違いを意識してください。

それは体の声を聞くということ。

意識を自分の体に向けることにより

小さな変化にも気付くようになり、それが分かると不調も早く発見できます。

体重の変化、むくみ、心の状態、自分の体をしっかり把握し

常に体を感じながら生活をおくるということが

大きな病気を未然に防ぐということにつながるのではないでしょうか。

 

不調が当たり前になってませんか?

そもそも自分の体の良い状態というのを知っていますか?

人は急には病気になりません。

 

 

さて、来月のG.Wですが

3日4日は通常通り営業、5日のみお休みさせて頂きます。

皆さまお待ちしております。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじめること、やめること

2017年04月01日 | 日記

今、体が不調なのは

体にとってマイナスのことを与えているからであって

それを取り除かない限り不調は治りません

 

 

多くのお客様を見て思うことは

プラスの要素を与えればプラマイゼロになり

まるでマイナス要素が消えるかのように思っている方が多いということです

 

 

今の生活は変えたくありません

でもこの痛みをとりたいです

そのために何を食べればいいですか

温めればいいですか

歩くのがいいですか

 

 

今までの生活によって体に蓄積された負荷は

その生活を改めることのみによって改善されていきます

本能のまま食べたい飲みたいと欲だけで走っている状態では

いつ大きな病気に繋がってもおかしくありません

 

 

 

何かを始める前に

まず悪い習慣を取り除くことが大切です

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

2017年01月17日 | 日記

誠に勝手ながら明日18日から

29日までお休みさせていただきます。

電話もつながりませんのでよろしくお願い致します。

なお、30日からは通常通り営業致しますので

ご用件があればHPの問い合わせからご連絡下さいませ。

その際も返信は30日以降になります。

 

 

肩こりや腰痛などもそうですが、

体に炎症が起きている時はカロリーの高い食べ物をお控え下さい。

たとえばお酒、甘いもの、焼肉、天ぷらなどです。

これらは火に油を注ぐように炎症を悪化させます。

タバコや香辛料などもよくありません。

痛みは体のサインです。

何が不足しているのか

何が過剰なのか

不足しているものがあればそれを補い

過剰なものがあればそれを除きます。

それにはやはり毎日の生活習慣が大切です。

忙しくてもせめて睡眠時間が不足しないよう心がけましょう。

 

 

このところ冷え込みが激しいです。

ご自愛ください。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足湯

2017年01月06日 | 日記

「発汗分離」といって汗をかけない限り風邪は抜けません

 

汗を上手にかけない子は

手と足を同時に握ると手が温かくて、足の土踏まずが冷たいです

まず、手足の体温が同じになるまで足を温めてあげます

そうすると汗がでて熱が下がります

 

 

それには足湯が効果的です

ふくらはぎの真ん中までお湯を入れる

少しずつさし湯で熱くしていく

 (時間にして大人5~6分、子供3~4分程)

 足の赤みがそろっていなければ、赤くなっていない方の足をもう2分

 指の間までよく拭く

 水を飲む

また、葛湯などを飲み、腸を温めるのもよいです

 

 

寒さに負けず冬を乗り切りましょう!

 

 

 

本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加