上々家族

介護とプンゲンスを考えて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

言葉にならない…最後の親孝行

2011-02-07 23:23:13 | Weblog
ユーチューブ:(新板)温情判決≪介護のはなし≫(認知症の母親殺害事件)


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

すべてをあるがままに受けとめる

2010-09-09 23:39:13 | Weblog

プラス思考、前向き、感謝、しあわせ、焦り、後悔、悟り

子どもと一緒にいた時間を、思い出すと後戻りしたくなるほど恋しい時

仕事や人間関係で悩む時、プレッシャーに押しつぶされそうな時

人生って、何を目指して生きているのか漠然と何かにあたりたくなる自分がいた



禅・ZEN

仏は自分の中にあり、他者への依存は自分の中の仏を否定することと同じ

ただただ座る(座禅)自分と向かい合う事

春は花

夏ほととぎす

秋は月

冬雪さえて すずしかりけり

すべてを あるがままに 受けとめる






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老いの坂と人生の階段図

2010-07-02 21:51:57 | Weblog
熊野観心十界図

拡大図

これは老いの坂と言いまして、坂の上の私たち人間が生まれてから
亡くなるまでの一生を表わしたものです。

あるいはこの坂は、様々な世界によって成り立っている私たちの世界を
表わしているとも言われています。

老いの坂、登れば下る定め。
産湯の使う桶の中、
父と母とに育まれ、
鳥居をくぐり登り出す。

十や十五は春の頃、
緑の木々が生い茂る。

四十、五十は秋の頃、
赤や黄色のもみじの葉。

七十過ぎれば冬の頃、
枯木に雪の花が咲く。

鳥居をくぐれば坂の下、
あわれはかなき我等かな。


続いて
デンマークの人生の階段図(男性編)

人生の頂点を極めその後の男性はさびしい孤独な人生のようです
デンマークの人生の階段図(女性編)

女性は家族や孫や天使に囲まれる賑やかな人生ですね。

今から20年前、寝たきり老人のいない国デンマークへ視察に行った日本の医師団が
なぜ、デンマークには寝たきり老人がいないのか質問をしたそうです。

デンマークの医師から言われたひと言…(その時にこの絵を見せられて)

人生の階段を上り下っている高齢者に対してなぜ?日本は最新の医療を
尽くしてまで、延命させるのですか?それでは死ねないじゃないですか!!
日本は最新の医療を使って高齢者の命をもて遊んでいる!!

上り坂をゆく若者や成人と、下り坂を降りて行く老人におんなじ医療じゃ困るんです!と。

日本は家族が来るまで生かして、死に目に会わせたい事が多い
北欧は個人が望む死をとことん尊重する

昨今、酒田でも胃にチューブを入れて病院から帰ってくる高齢者が多い
ウチのおばあちゃんもそうだが、本人はそれを今も望んでいるだろうか…

胃チューブは北欧では小児用に使用するもので老人には使わないらしい

長寿 それとも天寿?
命は量から、命は質へ

終わりよければ、すべてよし!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おむつゼロ!の特別養護老人ホーム

2010-04-13 23:00:04 | Weblog
日本各地でオムツゼロ特養(オムツはずし)が確実に成果を上げてきています。


日中オムツは使わない。(特別養護老人ホーム、残念ながら山形にはまだありません)

まずはじめにオムツはずしに手をかける前に、「水」を飲まさなければなりません。

一日1300ml平均に達すると、皆生き生きとした表情になり
意識レベルが向上し、歩行や運動機能も改善

つまり、おしっこや便意に対する感受性が本来の機能に戻り
尿意、便意が来たら、歩いて(車いすで)便器へ座ってもらう。それがオムツゼロのアプローチです。

現実は、オムツ率100%がほとんどで、職員による昼夜の時間制によるおむつ交換のみ
おむつかぶれが多いのです。
若い介護福祉士は「俺は毎日、おむつ交換するために国家資格をとったんじゃない!!」
おむつ交換に、国家資格はいらないと。離職する人も少なくありません

認知症がなくなった。皆お年寄りたちの表情が明るくなった。
職員間では辞める人がいなくなった。
施設のオムツ代は年間700万円浮いた事実も報告されています。

ポックリ寺(下のお世話を他人に願うよりだったらポックリ逝きたい)
皆さんどう思われますか?

オムツゼロ特養:しらゆりの園

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

低栄養・低体力 の黄色いホプシー

2010-03-28 20:55:00 | Weblog
本日、某ガーデンより長年(2~3年程)飾られて売れないホプシー(廃棄処分)を引き取った。
見てわかるように、針葉は黄色く、肥料切れしたかの様に可愛そうだった。
奥の兄貴分ホプシーと比べれば”青さ”は無い…。

早速持ち帰って、作業開始。根の状態をチェック、2年間お疲れさまでした!!

びよ~ん!!一生懸命、狭いビニールポットの中で、ギリギリの所を時間をかけて生きてきたのです。
土の配合は「赤玉土小・中:バーク堆肥:ピートモス:鹿沼土」

根をいじられるのは、今の季節(冬季)だけ。(桜の咲く前)正直、根を切るのは心が痛い。

リーダー部分の新芽には一部不発の可能性ある。ヤニが出ていました。

植え替え後は、朝日が2時間程度で、日中は日陰となる家の北側で5月の芽吹きの時期を待ちたいと思います。

頑張れホプシー早く”青くなれ!”メネデール(栄養剤)も一応使ってみました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若草氣志團 私の仲間たち

2010-02-05 23:19:07 | Weblog

若草氣志團ユーチューブ
若草幼稚園のお父さんたちで結成したバンド!

名付けて”若草氣志團” 私はギター(右側)です。

スタジオも完成して益々上手になってきています。

そもそも団長は氣志團ファンクラブの東北支部長やっているから

みんな本当に盛り上がっております!

仕事と運動と音楽そして勉強!&家族が一番大切ですね!

今年もあちこちで活動していく予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Blues

2009-10-30 22:07:20 | Weblog
これまでのオランダ系(岡野秀花園さん)プンゲンスから
 新ルート北米はアイゼリーナーセリー産の聞いたこともないプンゲンス入手!

     ザ・ブルー(マンモスみたい)


北海道の真鍋庭園産が日本のプロ野球だとしたら

アイゼリーは大リーグ的今まで見たことない珍種が数々でした。

アイゼリー・ナーセリー

美しいフットアルバート

世界はまだまだ広い うれしいかぎりです。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

認知症ケアinしょうない

2009-09-07 20:43:05 | Weblog
地元山形県は酒田にて開催されました
会場は酒田市文化センター全国は九州、静岡・関東方面より
沢山の参加者が集まりました。

9月5日は、『認知症を治すケア』その理論と実際
講師はパワーリハの生みの親でもある 竹内先生
私は現場を優先とし、若手を数人送り出しました。

すべては 『水』 介護職はこの知識を持たなければいけない


9月6日は、事例検討会へ 4事例が報告されました
㈱福祉のひろば酒田デイサービス・ホームヘルプサービスからは

『認知症高齢者の地域生活の実現と家族のストレス軽減に向けて』

自宅から徘徊し2日後に近くの山中で無事発見されたA子さん
家族は氏が家に帰る!と騒いだり、夜眠れない事から自室に鍵をかけるようになった
娘は就労しており日中独居となり、不安を抱え当DSを週3回ホームヘルプを週7回利用開始した。

DSを利用するにあたり、担当制とし自宅では水分日/500ccと少ないことから
DSでは水分を1000cc+自宅で500cc(日/1500cc)を目標
同時に食事と便秘のケア、パワーリハ、屋外歩行、社会関係仲間づくりのケアを実施した


6ヶ月後 DSでも拒否もなく、買い物へ一緒に行き楽しまれる様子が見られた
不穏症状も消え、家族にも自宅での鍵の撤廃を了解してもらい散歩を楽しめるようになる

《氏の現在の思い》
① 鍵を外してからは、自由に動けるようになりイライラすることがなくなった。
介護者に怒ったり、わがままを言ったことは、今では笑い話である。
②職員が一生懸命だから、元気にならなければいけないと思った。皆さんに感謝している。

③今は、元気な人と同じように日常生活が出来るということが、一番うれしい。
元気な人にとっては当たり前と思うだろうが、こんなに嬉しい事はない。
自宅の外に出ていると近所の人が声をかけてくれる。近隣宅への行き来はないが、挨拶をして少しの会話でも、昔の元気な頃に戻ったと思う。
特別な所に出かけなくても、歩いて外に出て花を見て、景色を眺めているだけでうれしい。
身体は若い時のようには動けないが、気持だけは昔の元気な頃に戻ったようだ。

④娘に対しても、一生懸命尽くしてくれているのに、死にたいと言って悪い事をしたと思う。今、元気でいる事が恩返しと思っている。

水分・食事・排泄・運動により認知症状は解消できることと
担当スタッフとの信頼関係、集団でのリハビリ、社会交流と仲間づくり

また家族へのアプローチでは『家族の中に悪人を作るな』も大切
 



残念なことに、介護の現状は目を覆いたくなる光景が多いのが現実です。
介護職の低賃金も、裏を返せば言い過ぎかもしれないが素人と言われても納得
私も素人でありました。

一日も早く多くの介護職が理論あるケアで自立支援する日を願ってなりません。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本自立支援介護学会にて

2009-05-24 22:12:42 | Weblog
昨日の寝台列車で早朝に江東区へ
第3回日本自立支援介護学会に参加してきました。

本日のトップバッターは当事業所(天童DS)の発表
「認知症ケアにおける水分補給の重要性」

他、オムツゼロの特養へ、下剤撤廃への取り組みなど、

北海道~九州と日本全国から、自立支援介護の発表に元気を頂き

各施設より、これまでの奮闘話し、同じ介護職同士でも反対勢力があり
人手が足りない、手間がかかるといった、出来ない理由を並べられる現実
しかし、壁を乗り越える過程で初めて専門職としての意識改革が生まれた

介護保険は利用者のADL・QOLの向上が掲げられているが、実際問題は
施設職員側の怠慢によるケア(ベッドの上ですべてを介助する技術=介護士)
が当たり前に行われていた様である。

参加した多くの介護関係者には、これからの介護を変えてゆくであろう熱意が
感じられ、そして自立支援介護学会に今年も参加させていただいた事に感謝し
明日から自分もまたその一人として実践と研究に励んでいきたいと感じました。

お昼休みに裏の公園にある小さな田んぼで田植えが行われていました。
都会の子供たちが泥んこに、なんだか微笑ましく嬉しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホプシーと白崎さん

2009-05-22 23:57:39 | Weblog
今年のホープシー君達は一味違う
春に思い切って、剪定し芽摘みをしたのがよかったのかも
ご覧のように去年の倍?本当に大きな新芽が日々成長しています。

酒田祭に参加(幼稚園のパレード)させていただいて
400年祭全長20メートルの山鋒大迫力でした!

武久ご夫妻と一緒にパレード中!沿道から!!!駆け付けてくれた人
そう!酒田出身、上々颱風の歌姫”白崎さん”が久しぶりだの~!!と
武久さんと私は何より祭りより?ある意味嬉しかった。。
今年は400年祭とあって、帰ってきたんだとしっかり握手していました

末っ子のカリンが大好きな上々の新アルバムを一緒に「ヨイ・ヨイ・ヨイ♪」と
振り付けして唄ってくれました。久々の再会、400年祭記念の一枚です!

上々颱風12~土民の歌~
上々颱風offical web
1 夜明け
2 土民の唄 Part 1
3 恋で地球は回ってる~原爆を許すまじ
4 Jumpin' Jack Flash
5 歌うは夢
6 酔いどれ天国
7 ハレ・ハレルヤ
8 パレオロガス・ルムバ
9 虹
10 今日はあんちゃのめでで日
11 つちんちゅRock
コメント
この記事をはてなブックマークに追加