福祉亭日記

日々の出来事を更新していきます.

お盆の月

2017-07-16 07:26:48 | 日記
ご利用がぼちぼち。
でも、30分ほどの定食ピークはあった。
だから、まあよし!!

夕方のパーティを控え、厨房を空けなければいけない。
気忙しい作業が、続く。
呑み会サポートチームも、もちろん、状況はおわかり。
各自野菜を切って持ちこまれたり、時間がくるまでフロントでお待ちになったり。
1時間半で仕上げないと・・という言葉も耳に。
狭い厨房がそれぞれのチームの対応を窮屈にさせる。

遅いまかない。
偶然ドクターと同席。
よもやまばなし。
つい数日前、一回り上の元看護師さんが、ドクターから頂いたメロンのお礼をされていた。
ご自分が召し上がったのは、ほんの一切れ。
みなさんと同じ。
それでいて、心からのお礼を丁寧にドクターにされていた。
ドクターも晴れ晴れとにこやか。
長い看護師としてのご経験と、人生の長さからくる姿を、そのお礼をされる姿から学ばせてもらった。

私自身にもし、非があるとすれば、年長者であり、しかも、ドクターという社会的地位に対して敬うこの心の不足。
非がない・・と思うこと、それ自体が、尊大。
亡くなった母が姿を変えて、私の非を諭してくれた・・感。
分かれば早い。
同じ失敗は、繰り返さない。
さりげない日常会話の奥に、その気持ちを置く。

亡くなられたかたの話しが、ご利用者さんたちとのおしゃべりの中に出る。
みな共通の思い出ばなし。
その話しの発端から、医師として、患者さんの死をどう受けとめられるのか・・を、つい、伺ってしまう。
忘れます・・と。
たくさんのかたが、亡くなられたので、忘れると。
言葉で表現するものはなく、そうですよね・・と私も頷く。
医師として立ち会う死の場面は数知れないはず。
一つひとつに全力で立ち向かえば、そこで関係は終わる。
忘れて当然。
忘れなければ。

福祉亭もなす術はなく、見送るみなさんがこれまでもおられた。
印象的な姿もいくつか。
こんな話が出るのも、7月がお盆月だからですかね。
先を急がれたみなさんも、きっと、福祉亭に戻ってきておられるのでしょう。
思い出の中の姿は、みなさん晴れやか。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酷暑 | トップ | 露出具合 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。