ふくしまキッズin京都

京都プログラムの活動報告や参加者との情報共有などを行います

自炊生活が始まりました。

2017-03-28 22:11:06 | 2017春

食事班、動物班、掃除洗濯班に分かれて朝夕の自活生活が始まりました。


写真を撮れなくて残念なのですが、
昼からは全員でラフティングも行ってきました。
なんと男子たちはほぼ全員が雪解け水の美山川にダイブ!
女子たちも寒い寒いといいながらも、振り返りでは楽しかった!というお言葉多数。



夕食はハンバーグやポテトサラダなど美味しいおかずを作ってくれました。
初めて参加の子供たちも早くも田歌舎大家族に同化しています。
子ヤギの出産が遅れていますが、お乳がみるみる膨らんできていよいよ明日かな?



みんな元気です!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017春京都プログラム始まりました!

2017-03-27 17:29:28 | 情報共有

季節外れの雪の積もる福島から中学生8人小学生9名が無事、京都美山、田歌舎にやってきました。
田歌は例年になく寒い3月で今日も朝から雪がちらつく曇り空だったのですが、キッズ達が到着するころには晴れ間も見えてきました。
夕暮れまでの1時間と少しですが、長旅で疲れた体を癒すために、元気に子供たちは走り回っています。
引率の私は昨日今日の移動時間計10時間の疲れはウェルパーティーのお酒で癒しますね。(笑)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都プログラム募集終了

2017-02-07 11:44:19 | 情報共有
2017春京都プログラムの募集が定員に達しましたので終了とさせていただきます。
ありがとうございます。

田歌舎 ふじわらほまる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017春京都プログラム 申し込み要項

2017-01-29 18:59:33 | メッセージ
2017年春京都プログラム申し込みについて

申し込み対象者 小学生新4年~6年生 12名
        ジュニアリーダー中学生 4名前後(ジュニアリーダーは京都プログラム経験者に限定します)

申し込み期間 2月1日午前9時より 2月10日まで(ただし定員に達し次第受付を終了します)

申し込み方法 田歌舎事務局メール (tautasya@cans.zaq.ne.jp)に以下の参加者情報を記入の上お申し込みください。

記入情報について 1参加者氏名(ふりがな)
         2学年
         3性別
         4住所
         5緊急連絡先(連絡者氏名・続柄)
         6メールアドレス
         7伝達事項(健康状態、障害の有無・アレルギーなど)
         8集合解散駅(福島駅またはいわき駅)
         9こども(参加者)の意気込みを簡潔に(文字数問いません)
        10保護者の思いを簡潔に(文字数問いません)

開催期間  3月27日(月)~4月2日(日) 
      *ジュニアリーダーは期間前に数日の研修期間をとります。日程は後日相談

参加費  20000円 + 往復の交通費実費(中学生は38000円程度 小学生は19000円程度で交通費確定後請求いたします)

活動詳細 ブログの2016プログラムを参照ください! 

お問合せ  田歌舎事務局 0771-77-0509 まで




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白山・京都プログラム 無事終了しました!!

2016-08-24 09:04:43 | 2016夏P


ふくしまキッズに関わる皆さまへ

おかげさまで今回の夏プログラムも大きな怪我、事故無く、全員が笑顔で終えることが出来ました。
京都では7回目の開催だとおもいますが、顔なじみのメンバーも多くなってきて、プログラムを通して成長する姿をこれほど身近に感じられるプログラムは田歌舎にとっては他にありません。
私たちとの関係性も、主催者と参加者というようなものではない安心感、信頼感が確かにあって、それは家族にあるものにとても似ています。

また初めて参加してくれた子供達もそのような関係性の中に心地よく溶け込んでくれて、また新しい家族の一員になってくれました。

今回の別れ際にも子供たちに話しましたが、京都プログラムは参加者が数人になっても来たい子がいる限り続けるということ、そしてプログラムが終わるときが来ても、私たちと作り上げた関係(知り合い?家族?仲間?)はなくなることはないだろうということ。

皆どんどんと成長して、中学生、高校生になればクラブなど忙しくなるからなかなかプログラムには来れないですよね。
だけど大人になるのもあっという間。また会える日が来るよ。

保護者のみなさまへ

毎回大きな出費(負担)をさせてしまってすいません。
子供たちが行きたいと言えば頑張らなくちゃ仕方ないですよね。
京都はこれからも春・夏と続けるつもりですが、支援金や助成金に頼らずにやりたいと考えています。
田歌舎は自給自足です。来てもらえさえすればほとんど出費はありません!それが私たちの強みであり、資金に頼らずとも出来る形、姿を見せたいとも思っています。
それは保護者の皆さまとの協力、信頼関係あってのことだとも思いますし、そういった形含めて新しい体験教育活動の在り方としての挑戦だと思っています。

参加費を交通費+2万円という設定で続けて行こう考えています。

そうそう、子供達にもお小遣い貯金とかしてもらったらいいですよね。

長くなりましたが、活動を終えた今、そんなことを考えています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加