東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

歯周病の歯ブラシは歯間ブラシが重要になります。

2013年09月20日 | 歯周病

歯周病が進行してしまうと、歯と歯の間の歯茎が下がります。歯と歯の間の歯茎は通常の歯ブラシでは磨けないことが知られています。

歯ブラシで磨けないことが、さらに歯周病を進行させる原因にもなります。そのため、歯周病の方は歯と歯の間をきれいに磨くことが重要になります。通常、歯と歯の間を磨くには糸ようじか、サイズの合った歯間ブラシを使用していただきます。

薬局などで普通に販売していますが、サイズの確認や、実際に磨けているかを確認しに歯科医院でチェックされることが大切です。磨き残しをしやすい部分は定期的に歯科医院でクリーニングを行うか歯ブラシをうまくできるように練習する必要があります。

もちろん歯ブラシだけでは歯周病が治るわけではありません。歯茎の中の歯石を麻酔などをしてしっかりと取ることと、日々のお手入れがしっかりできて初めて歯周病が治っていきます。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

03-3251-3921

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インプラントの失敗例 歯茎が下がってしまってインプラントが露出するケースを回復させる方法

2013年09月07日 | 歯周病

インプラントの失敗例として、歯茎が下がってしまうという事があります.

この写真のように歯茎が下がってしまうと、歯茎の中から金属が見えるようになってしまいます.こういったケースの歯茎を回復させる方法に、歯茎の再生治療があります.

歯茎の再生治療後の歯茎の状態。歯茎のボリュウムを増やして、さらに覆えるだけ多めに覆います.

覆いすぎて歯が短くなりましたので、歯茎を整形して歯の長さをそろえます.

 

差し歯を仮歯に変えて歯茎の位置を整えています.少し削りすぎてしまったかもしれませんが、すぐに回復します.

歯茎が落ち着き次第、仮歯をオールセラミックにしてきれいにします.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インプラントをしている部分の歯茎が黒くなっても歯茎再生は有効です。

2013年09月05日 | 歯周病

インプラントの歯茎が下がってしまいました。

こういったケースでも歯茎再生治療は有効です。下がった歯茎を回復します。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

03−3251−3921

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インプラントの歯茎が下がってしまった場合の歯茎を回復させる治療

2013年09月03日 | インプラント

左側のインプラントの歯茎が下がってしまっています.インプラントの中の金属が見えてしまう事が時々あります.

このような状態では見た目が悪いため、歯茎を回復する処置を希望される方がよくいらっしゃいます.

歯茎の移植を伴う歯茎再生治療を行います.

歯茎再生治療後の状態ですが、歯茎を回復させすぎたので左右の大きさのバランスを整える歯茎の整形と差し歯を仮歯に変えて形の修正を行います.

歯茎の位置を左右対称になるように仮歯の形を修正します.

歯茎の状態が落ち着き次第はがたを取って最終的な歯を入れます.

 

インプラントの歯茎が下がったときの歯茎再生治療を詳しく知りたい方はインプラントの歯茎再生をご覧ください.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯茎が下がってしまった時に回復する治療法

2013年09月03日 | 歯周病

歯茎が下がってきたと感じることがあると思います。

歯茎は、色々な刺激によって下がる可能性があります。そして、一度下がってしまうと元に戻ることがほとんどありません。

矯正治療後の歯茎や、歯並びの悪いところの歯茎は特にさがりやすいことがわかっています。歯茎が下がって、歯の長さが長くなってしまいます。

矯正治療と歯茎の再生

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯周病で歯を抜かなくて済む方法をご存知ですか?

2013年09月02日 | 歯周病

あまり知られていないようですが、歯周病で骨や歯茎がなくなった場合に回復する治療法があります。

患者様にメリットいっぱいの治療法。それが再生治療です。
 
例えば、


歯を抜かずに残せる
歯周病、虫歯になりにくくなる
見た目の歯ぐきも若返る
自分の歯や治療した歯が長持ちする
歯の動きも止まりしっかり咬める

といったことが起こります。

失われた歯ぐきや骨を戻すことによって歯周病から歯を守ります。



人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯茎再生のご案内

2013年09月01日 | 歯周病

歯茎が下がってしまった時にどのような対応があるのかご存知ですか?

今以上に下がらないようにするには歯ブラシを柔らかいものに変えるなどの対応を取ることで何とかなる場合もあるとは思います。ただ、元の状態に歯茎が戻ることはありません。

歯茎が下がった場合は歯茎再生を行うことが良いと思います。歯茎再生は数センチの小さな歯茎の移植を行うことで歯茎を元の状態に戻す方法です。

歯茎再生は専門ページがありますのでそちらをご覧ください。 歯茎再生専門ページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加