東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

歯の長さが長くなってきたなと思ったら、まずはご相談ください。

2017年06月24日 | 歯周病

左側の写真と右側の写真のちがいはわかりますか?

下の前歯の歯茎が下がって気にされている方にはお分かりいただけるかもしれませんが、通常の方はわからないと思いますので、簡単にご説明します。

歯茎は、強い歯ブラシをされている場合などにだんだんと削れて退縮してしまう傾向があります。特に下の前歯は歯茎が薄いため退縮しやすくなっております。

下の歯の、下がった歯茎を再生させました。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下がってしまった歯茎を再生... | トップ | 6月24日(土)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。