東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

神田ふくしま歯科では歯周内科治療も行います。

2016年12月09日 | 歯周病

神田ふくしま歯科では、歯周内科治療を行います。

歯周内科治療と言っても一般的な診療科目ではないのでご存じない方も多いのではないかと思います。歯周内科というとお薬のみで歯周病を治療するものと勘違いされている方も多いようですが、歯周内科治療は歯周病の原因菌を確認してその菌に合ったお薬を歯周病治療に並行して行う治療法です。(お薬のみではいったん減った歯周病菌が増殖して歯周病が再発してしまいます。)

歯周内科で最も効果的な場合は、カンジダというカビが歯周病の病巣から見つかる場合と言われています。カビに聞くお薬を歯ブラシにつけて磨くことでお口の中のカビが取れて歯周病が劇的に改善する場合があります。

歯周病菌を確認するために位相差顕微鏡を使用することも歯周内科の特徴です。しっかりと菌を目で確認することによって、歯周病が進行中なのか安定しているかの確認を簡単に行うことができます。

歯周内科のページ

ただいま初診の方100名様まで細菌検査料を無料で無料カウンセリングも行っております。(通常は¥3,000-、材料がなくなり次第終了です。)歯周病が治りにくいという方や、歯茎の腫れや膿んでしまっているという方は細菌が原因かもしれません。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

03-3251-3921

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月8日(木)のつぶやき その10 | トップ | 歯茎が下がってしまったとき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。