東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

成人矯正と歯茎の退縮予防

2017年08月08日 | 歯周病

矯正治療を始める前に歯茎の確認をしましょう

成人の方が、歯の矯正治療をする場合、矯正後の歯茎の下がりに気を付ける必要があります。歯茎が薄い場合は歯茎が下がりやすくなります。

ねじれている歯を並べるとき、歯と歯の間の歯茎がさがり、三角形の隙間ができることがあります。

この隙間をブラックトライアングルと言っていますが、成人の矯正の場合よく見かけます。こういった歯と歯の間の隙間は矯正治療中に歯と歯の間を削って詰めるか、矯正治療後に隙間をレジンなどで埋めることになります。

 

 

歯茎の退縮

ねじれている歯の歯と歯の間の隙間にあるあごの骨が、非常に薄いことが多いため、矯正移動中に気を付けないと歯茎が退縮してしまいます。

 

成人矯正と歯肉退縮

『美容』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月7日(月)のつぶやき その14 | トップ | 差し歯の歯茎の位置によって... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。