東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

歯と歯の間の隙間を埋める方法のご紹介

2016年11月15日 | 歯周病

矯正治療後に後戻りをして歯が動いてしまったことが原因で歯と歯の間に隙間ができてしまった場合、部分的な矯正治療を行うことで歯と歯の間の隙間と歯並びを改善することができます。

治療前は下の歯に隙間ができてしまっています。

部分矯正治療で歯と歯の間の隙間を埋めました。また、歯並びも改善しています。

歯周病の専門ページ

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月14日(月)のつぶやき その... | トップ | 歯茎の再生治療は、歯周病の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。