東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

歯茎が下がってしまったままで審美歯科治療を行った場合の見た目について

2017年10月16日 | 歯周病

全体的な歯並びや噛み合わせを治すために、審美歯科治療を行う場合ばあります。

こういった場合に、歯茎が下がってしまっている方もいらっしゃいます。歯茎が下がってしまったままで、審美歯科治療を行うかあるいは歯茎を再生させて元の状態に戻してから治療を行うかで少しはの見た目が変わります。

多少はの長さが長くても気にならないという方には、そのままの状態で審美歯科治療を行います。例えば、下のお写真のようなケースです。

歯茎が下がってしまっていますが、特に気にならないということで、全体的にオールセラミック治療を行い、噛み合わせや歯並びの見た目を改善しました。

 

少し歯の長さが長い部分もありますが、ご自身でもあまり気にならないということでした。こういったケースでは、まず一番気にされている見た目を改善したのちに、歯茎の再生治療を行って、将来的に歯茎が下がってしまうことを予防することも可能です。

全体的な審美歯科治療に関してのページ

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月15日(日)のつぶやき その... | トップ | いまどき、歯茎の再生治療は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歯周病」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。