東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

下がってしまった歯茎を再生させるたった1通りの方法

2017年11月22日 | 歯周病

差し歯の境界の歯茎が下がってしまっています。元に戻す方法は、唯一歯茎の再生治療になります。

歯茎の再生治療は保険のきかない治療となります。

歯茎が下がった状態は感染が起こって歯周病が重度に進行してしまうリスクが高いので、歯茎を元の状態に直しておくことは将来歯を抜かずに済むためには必要です。

歯茎の再生治療の専門ページ

RSSリーダーで購読する

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気づいたら歯が抜けそうにな... | トップ | 11月22日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歯周病」カテゴリの最新記事