東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

差し歯の長さを元の長さに戻すなんて無理と言われたのに、治って本当に良かった。 

2017年06月23日 | 審美歯科

差し歯の歯茎が黒く、長いのが気になって何件も病院を回ったけど、どの病院でも差し歯の歯茎を回復させるのは無理といわれたり、歯茎の再生治療なんて一時的ですぐ剥がれてしまうといったことを言われてしまった。

本当にあった話です。差し歯の長さを回復させることを諦めかけていた患者様のお話です。

前歯のブリッジは外したくないということで、犬歯の隣の小臼歯という歯の差し歯の長さと歯茎の黒さを気にされて治療を行いました。犬歯の隣の歯とその奥3本の歯茎を再生治療で歯茎を回復しました。

犬歯の長さはそのままですので、長く見えてしまっていますので気づかないでしょうか?犬歯の隣の歯とその奥の歯の長さが短くなっています。また、犬歯の隣の差し歯だけをオールセラミックで直しています。犬歯の色と合わせています。歯茎の再生治療から2年経っていますが、歯茎が下がった感じはありませんし、剥がれてもいません。歯茎んの再生治療では、歯茎の厚みも作りますので、歯茎が下がりにくくなります。

多くの歯科医院では、差し歯の長さをこの犬歯のように長く作ってしまっています。

差し歯の長さを元の長さに戻して審美歯科治療を行う歯科医院はほんのわずかな医院だけです。

差し歯の再治療をされる方は、歯茎の再生治療を合わせて行うことをお勧めしております。

歯茎の再生治療に関しての詳しいページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

歯茎の再生治療の専門ページ


ただいま無料カウンセリングを行っております。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月22日(木)のつぶやき その5 | トップ | 歯茎が下がってしまったとき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。