東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

あなたは歯茎が下がったときの治療方法をご存知ですか?

2017年03月21日 | 歯科

歯茎が下がったまま放置されている方が非常に多いのはなぜでしょうか?

歯茎が下がってしまうと歯と歯茎を結合している歯根膜というコラーゲン繊維や血管、神経など歯を支える組織が無くなってしまいます.そのため,進行状況によっては歯を支えている骨も吸収してしまいます.

歯茎が下がってそのままにしているとさらに歯周病が進行してしまいますし,場合によっては歯を残せなくなってしまう場合もあります.歯茎が下がってしまって放置するのはお勧めしません.

もしかしたら歯茎が下がったときの歯ぐきの再生治療をご存じないのかと思う事があります.歯ぐきの再生治療を行う事で、歯茎を回復される方が良いと思います.

歯茎が下がり始めてしまったら歯茎の再生治療で歯茎を回復させる事をお勧めしているのは、このためでです。

  歯ぐきの再生治療前

 歯ぐきの再生治療後 このケースの費用 6本分の歯ぐきの再生費用14万円(税別)

歯ぐきの再生治療歯保険外診療となります.料金は下がっている範囲によって変わります.歯ぐきの再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.治療方法、お見積もりのお渡しをいたします.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都3−2−6F スターバックス上 JR神田駅より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921

 

 

 

 

『美容』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月20日(月)のつぶやき その7 | トップ | なぜ前歯の差し歯の歯茎が下... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。